アメリカの多様な食文化のなかで、美味肉食で知られる中南部の州であるミズーリ、ケンタッキー、テネシーの3州を巡る旅。肉食グルメとその文化を探る連載の最終回は、テネシー州メンフィス。エルヴィス・プレスリーが育ったこの街は黒人の文化が色濃く感じられる。

メンフィスはブルース発祥の地にしてエルヴィスの故郷

ゴスペルやブルースのロックンロールやソウルへの影響とその歴史が展示されている。

 メンフィスは、ブルース発祥の地、エルヴィス・プレスリーの故郷。そして、マーチン・ルーサー・キング牧師が凶弾に倒れた場所でもあり、いろいろな歴史の重みを持った街である。

 「メンフィス・ロックン・ソウル・ミュージアム」で、1950年代から90年代にかけてのロックンロールとソウルの歴史を振り返った後、有名なソウルシンガーであり、今は牧師となったアル・グリーンの教会の日曜礼拝へ。牧師の説教の後にゴスペルを歌うのは、近所の女性のようだ。いつの間にか、出席者全員が身体を揺らし、歌いながら神を讃える。毎週日曜にはこうして皆が教会に集まって、気持ちが一つになる時を過ごすのだ。

アル・グリーンの教会での感動的なゴスペル。教会の出席者が一つになる瞬間。

Memphis Rock'n Soul Museum(メンフィス・ロックン・ソウル・ミュージアム)
所在地 191 Beale Street, Memphis, TN 38103
電話番号 +1-901-205-2533
URL http://www.memphisrocknsoul.org/

日曜礼拝の後は家族でブランチに出かけてご馳走を食べる。こんなステーキもぺろり。

 そして、日曜の礼拝の後には、みんな連れ立ってブランチを楽しむ人が多い。そんな教会帰りの人でいっぱいの「ザ・マジェスティック・グリル」。ここでのブランチメニューの一つは、皿の上に肉厚のステーキと目玉焼きがのっている。

The Majestic Grille(ザ・マジェスティック・グリル)
所在地 145 S Main St., Memphis, TN 38103
電話番号 +1-901-522-8555
URL http://majesticgrille.com/

若きエルヴィスの肖像画がかかるグレースランドの階段室。2階は非公開。

 メンフィスのレガシー、エルヴィス・プレスリーの邸宅だった「グレースランド」は、この街に来たら必見の場所だ。エルヴィスが1957年に買って、20年間を過ごした邸宅は、1階部分のみが公開されており、日本語のテープによるセルフツアーもある。テレビ3台を並べた地下のテレビ室や、映画撮影などを通してエルヴィスが愛したハワイを思わせるジャングルルームなど、内装は70年代的かつ個性的。ハリウッドスターのように豪奢を競うというより、エルヴィスが愛したものが集められたような家だ。ここに花で囲まれたエルヴィスとその家族の墓も並んでいる。

左:ステンドグラスにグランドピアノ。当時を偲ばせるインテリア。
右:家族と共に眠るエルヴィスの墓は花で飾られていた。

Graceland(グレースランド)
所在地 3734 Elvis Presley Blvd., Memphis, TN 38116
電話番号 +1-901-332-3322
URL http://www.graceland.com/

<次のページ> 特大BBQと熱いブルースの歌声、メンフィスの夜は更ける

2014.10.28(火)
文・撮影=小野アムスデン道子