この記事の連載

 王室ゆかりの国鉄駅や宮殿、山頂の古寺院、象の保護施設など、都会の喧騒の届かないホアヒンには、少しスローな時間が流れている。

 リゾートだけでないホアヒンの魅力を、4回に渡りご紹介。ぜひお見逃しなく!


古い薬簞笥が家族の歴史を語る手編みクラフトのセレクトショップ

◆Rough and Heritage(ラフ・アンド・ヘリテージ)

 古くは家族で営む薬局だったという店舗をリノベーションして始めたという、インテリア雑貨のセレクトショップ。

 主にタイ北東部の籐や竹の手編みかごやアンティークの小物を揃える。「タイの伝統工芸職人たちのクラフトマンシップこそ、このショップを支えるカギ。

 彼らとともに、タイのクラフトのすばらしさを多くの人たちに伝えていきたい」と語る店主のジップさん。

 彼女自身がデザインしたアイテムもあり、素朴な風合いのかごと古びた薬簞笥が、なんともいえない温もりを醸し出している。

Rough and Heritage(ラフ・アンド・ヘリテージ)

所在地 162 Nareddamri Rd., Hua Hin,Prachuap Khiri Khan
電話番号 094 649 2962
営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜
https://jirapchu.wixsite.com/roughandheritage

次の話を読む【タイで最も美しい国有鉄道駅】 歴史ある駅舎には王室専用待合室が? 王室ゆかりの地ホアヒンならではの駅

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2023.05.12(金)
文=張替裕子(ジラフ)
撮影=橋本 篤
コーディネート=長屋良典(T-Live)

CREA Traveller 2023 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

CREA Traveller 2023 vol.2

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

特別定価1,500円 (税込)

「CREA Traveller」2023 vol.2の特集は、「目醒めのタイ」。