この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、白央さん。

» きのうのレシピ「春の牛丼」


vol.245 春のちらし寿司

春のちらし寿司。

 鰆、カニ風味かまぼこ、たけのこと、ここ最近の私の「のっけメニュー」で使ったものをあれこれ散らしました。こういう使い切り方を覚えるの、大事。鰆を焼くのが手間ならツナ缶でもOK。春が旬の「つぼみ菜」という野菜も加えています。

■材料(1人分)

・鰆:1切れ(60g程度)
・たけのこ(水煮):40g
・つぼみ菜:40g
・カニ風味かまぼこ:20g
・卵:1個
・水:100ml
・白だし:小さじ2
・塩:小さじ1/4
・サラダ油:小さじ1
・酢飯:1膳分
・いりごま:適量

■作り方

(1) 鰆は塩と酒を軽くふって(分量外)15分ほど冷蔵庫でおき、グリルなどで焼いて、ほぐしておく。たけのことつぼみ菜は小さめのひと口大に切る。

(2) 鍋に水、白だし、塩、切った筍とつぼみ菜を入れて火にかけ、沸いたらやさしめの中火にして3分煮る。

(3) フライパンに油をひいて中火にかけ、卵を炒っておく。

(4) 酢飯の上にいりごまをふり、ほぐした鰆、(2)と(3)を散らし、カニ風味かまぼこをのせる。

つぼみ菜。

 つぼみ菜は福岡で生まれた野菜で、クセが少なく、旨みに富む野菜です。加熱するとほくっとした食感になり、炒めものやスープにいいですよ。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【簡単チンジャオロース丼レシピ】 肉は「細切り」ではなく「薄切り」 ちょっとした工夫で調理が楽に!

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.03.16(木)
文・撮影=白央篤司
イラスト=二村大輔