このブラシだから表現できる唯一無二のタッチが愛おしい

「メイク学校を卒業する際に、先生から1本のブラシをいただき、それが“質”にこだわる大切さを知るきっかけになりました。学生にとって高級品の灰リス毛のブラシならではの表現は当時衝撃でしたね。

 修業時代はブラシをたくさん持っているとそれだけでメイクが上手になったような気がして、やたらと買い集めていましたが、今はできるだけ削ぎ落とし、厳選。質がいいものはお手入れをして大事にすれば20年近く使えます。

 もちろん集めたブラシは全部大切で取ってあります。ひとつひとつに、それでしかできない表現があるし、思い出も詰まっている、かけがえのない存在です」(岡田さん)

岡田知子(おかだともこ)さん

ヘア&メイクアップアーティスト。TRON所属。メイクアップの最前線、NY仕込みのスタイリッシュな感性を「真似してみたい」ところに落とし込む、類稀なるバランス感覚の持ち主。

2020.06.30(火)
Text=Kyoko Murahana
Photographs=Hidetake Nishihara(TENT)

CREA 2020年6・7月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

偏愛のすすめ。

CREA 2020年6・7月合併号

好きなものがあるっていいよね
偏愛のすすめ。

特別定価840円

偏愛の対象は人それぞれ。愛するものと出合った人たちの言葉は、どれも純粋な喜びに満ちていて、耳を傾けているだけで幸せな気分にしてくれます。パンダに魔女っ子おもちゃ、脚付きの器にカツカレーの食べ方まで。マイワールドを謳歌する人々の“偏愛”を盛りだくさんでお届けします。気になる作品満載のBOOK in BOOK「愛してやまない映画とドラマ」も必見です。