窓の外に広がる渓谷の眺め、雪に囲まれた神秘的な湯、ゆるやかに流れる島時間……。

 日常とはまるで違う別世界に身をおけば、心に新鮮な風が吹き抜けます。


陽の光、鳥の声、そのすべてがやさしくて

●島宿真里[香川・小豆島温泉]

 冬の低い陽射しを受けて、凪いだ瀬戸内の内海がきらきらと輝く。

 高松港から高速艇で約35分。周囲が雨でも、不思議と晴れる日が多いという小豆島は、いつもまばゆい光に溢れている。

 全国的にも有数の日照時間の長さと温暖な気候を活かし、オリーブや柑橘類の栽培が盛んで、古くから醤油の生産でも栄えてきた。

 木造の醤油蔵と民家の並ぶ、なだらかな上り坂の途中に島宿真里はある。

 暖簾をくぐると館内のあちこちに光が躍っていた。

 昭和初期に建てられた自宅で、50年ほど前に現オーナーのお母さんがはじめたという小さな民宿。

 建物は国の有形文化財に登録され、現在でも食事処の一部として大切に使われている。

 この辺りは、「醤の郷」と呼ばれ、400年前から「木桶仕込み」で時間をかけて小豆島醤油を作り続けてきた。

 宿ではその特産品を主役に、地元食材を使った醤油会席が供される。

 母屋に合わせて増築された館内には、囲炉裏やガラス戸など、建物と同様に時を経た家具や調度品が静かに佇んでいる。

 先ほどまで、長椅子に射していた光が、ほんのわずかのうちに梁の木目を照らす。

 フロントでは古い壁掛け時計が心地よく時を刻んでいる。

 ひとり、島を流れる時間に耳を傾けると、普段より穏やかな気持ちになった。

 全室に部屋風呂があり、やわらかな肌触りの湯にも癒される。

 ここには確かにもうひとつの日常があり、流れる時間は島の陽光のようにやさしく、心をほどいてくれる。

島宿真里

所在地 香川県小豆郡小豆島町苗羽甲2011
電話番号 0879-82-0086
宿泊料金
◆1室1名利用時の1名最低料金 平日 35,100円~
◆1室2名利用時の1名最低料金 平日 27,000円~、休前日 29,000円~
ひとり料金 1泊2食付き 35,100円~
ひとり対応 平日のみ
客室数 8室
食事 朝:食事処/夕:食事処
チェックイン 13:00/チェックアウト 10:00
交通 高松港よりフェリーで草壁港下船後、車で約10分
https://www.mari.co.jp/
※Wi-Fiあり

※宿泊料金は、とくに表記のない場合は、税金・サービス料別の最低料金を記載しています。入湯税は含まれている場合もあります。詳しくは施設にお問い合わせください。

日常を忘れられる
リセット宿3選

2020.02.13(木)
Photographs=Mitsugu Uehara

CREA 2020年2・3月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

だから、ひとり温泉。

CREA 2020年2・3月合併号

楽しい理由がたくさんありました
だから、ひとり温泉。

特別定価840円

毎年大好評の「ひとり温泉」特集が、パワーアップして戻ってきました。宿の掲載軒数は過去最多の128軒! 「絶景」や「名建築」「効くお湯」など、思わず出かけたくなるような理由とともにたっぷりご紹介しています。温泉好きな22人に聞いた「行きつけ宿アンケート」や「湯上がりに嬉しい冷たいおやつ」「温泉で読みたいマンガ」など、今年もバラエティに富んだラインナップでお届けします。