どれを塗る? 何と重ねる? 次の予定を思い描くように、メイクのプランも立ててみよう。

 朝がくるのが待ち遠しくなる“明日のメイク”をヘア&メイクアップアーティストのpaku☆chanさんが提案。

 女優、久保田紗友さんが今秋の最旬ルックをまとって登場!


 トレンドカラーのひとつであるパープルの目もとは、エレガントになりがちだからこそ、反対色のオレンジやイエローと組み合わせてカジュアルダウンを。

 アイカラーのラメ感のあるオレンジとシアーなパープルは、あえてレイヤードしないことで、色や質感の持ち味を生かした“透け感”メイクが楽しめます。

How to Make-up

 アイホール全体にパレット左下のオレンジをのせ、目のキワには右下のブラウンをオン。

 下まぶたのキワと上まぶたの黒目の内側に、右上のパープルをやや太めのライン状に入れる。

 上まつげはコームでとかすのみ。下まつげにだけブラウン系のマスカラを塗ると、バランスがいい。

 リップは唇に直塗りし、指でポンポンと軽くぼかし、ラフに仕上げる。

SUQQU

フリーダイヤル 0120-988-761
https://onlineshop.suqqu.com/

シュウ ウエムラ

電話番号 03-6911-8560
https://www.shuuemura.jp/

久保田紗友(くぼた さゆ)

ドラマ「べっぴんさん」「過保護のカホコ」(2017)、「この世界の片隅に」(2018)などに出演し、注目を集める。映画『ハローグッバイ』(2017)では主演を務め、2020年1月公開の『サヨナラまでの30分』でヒロインを務める今期待の若手女優。


●教えてくれたのは……
paku☆chan(パクチャン)

ヘア&メイクアップアーティスト。Three PEACE所属。みずみずしい感性と繊細なテクニックを兼ね備える。抜け感と女っぽさの表現が絶妙で、女性誌をはじめ、さまざまな媒体で活躍する人気アーティスト。

2019.09.10(火)
Text=Kyoko Murahana
Photographs=Sodai Yokoyama
Hair & make-up=paku☆chan(Three PEACE)
Styling=Hitoko Goto
Model=Sayu Kubota

CREA 2019年10月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

秋の夜長にきれいになる。

CREA 2019年10月号

朝がちょっと楽しみになる美容
秋の夜長にきれいになる。

特別定価840円

忙しい日々で朝はとにかく時間がない……でも最近は、夜時間や眠りに着目したアイテムが多く登場。朝から夜へケアタイムもシフトしやすくなってきた。だんだん過ごしやすくなる秋の夜こそ、スキンケアに時間をかけ、読書をしたり映画を観たり、至福の一杯を手作りしたり。明日のきれいのために、ゆっくり過ごしてみませんか?