デンマークの食やデザイン、北欧の建築を中心にライフスタイルを提案するイェンス・イェンセンさんの初のレシピ本『イェンセン家のホームディナー』が刊行されました。その中からいくつかの料理を、暮らしを豊かにするエッセンスと共に厳選して紹介します。

Lesson.3
食卓が盛り上がる一品を定番に!

 家族のお誕生日や友人を招いた日は、「ちょっとしたごちそう」風。といっても、ボクもゆっくり楽しみたいから、メインの肉や魚は、少しの手間で見栄えがするメニューを選びます。おもてなしだからといって自分らしくない料理に挑戦すると失敗のモト。家族の大好きな料理の量を増やしたり、素材の切り方や盛りつけをきれいにして、いつものおかずをバージョンアップする感じが、作るほうも食べるほうもくつろげると思います。

 盛り上がる料理のコツに、その季節のおいしい食材をひとつにしぼって、たっぷり使ってみるという手もあります。たとえば、新じゃがシーズンには、じゃがいもをオーブンでじっくり焼いて、バターと塩だけで味つけし、大鉢に盛りつける。テーブルに出すと「わぁ!」と声があがりますよ。

 余裕がある日は、作るところから一緒に楽しむのもいいですね。ニョッキやクッキーなんかの粉もの料理なら、小さな子どもたちも上手にお手伝いしてくれます。それから国境を越えてみんなが大好きなカレーも、おすすめです。わが家のデンマーク・カレーは、大きめのミートボールにやさしい味のカレーソースが特徴。ひと味違う新鮮さもあって、誰もが喜んでくれる一品です。

<次のページ> 「偽ものウサギ」のレシピ

2014.12.16(火)
撮影=イェンス・イェンセン(料理)、大沼ショージ
構成=おおいしれいこ