この記事の連載

 温かな切り口で日常を描くイラストレーターのたかぎなおこさん。2023年9月には、お弁当にまつわるコミックエッセイ『お弁当デイズ 夫と娘とときどき自分弁当』を上梓しました。育児と仕事の間に、相手のことを考えて作るお弁当の数々。同作から「ちくわの穴弁当」を紹介します。

インタビュー【前篇】を読む
インタビュー【後篇】を読む
マンガ1「はじめに」を読む
マンガ2「ほうれん草弁当」を読む

たかぎなおこ

1974年生まれ。三重県出身。1998年にイラストレーターを目指し上京。2003年にコミックエッセイ『150cmライフ。』(KADOKAWA/メディアファクトリー)でデビュー。その他の著書に、夫との出会いをつづったコミックエッセイ『お互い40代婚』(KADOKAWA)や、食べることにフォーカスした『はらぺこ万歳!』シリーズ(文藝春秋)などがある。

お弁当デイズ 夫と娘とときどき自分弁当

定価 1,320円(税込)
文藝春秋
» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

← この連載のはじめから読む

2023.11.03(金)
文=たかぎなおこ