算命学とは?

  算命学とは、古代中国で生まれた「運命を算出する学問」。性格・人生のバイオリズム・宿命を読み解き、あなたの人生の道しるべとなってくれます。算命学では生年月日を基に大きく10種の主星(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)に分類されます。

»「オンナの算命学」とは、自分の主星を確認する
» 2022年の運勢をチェック!
» 東京ケイ子さん特別占い企画「平野ノラさんの人生を占う!」を読む


風の時代、2022年2月はどんな月?

イラスト上段左から、甲・乙・丙・丁。中段左から、戊・オンナの算命学イラスト・己。下段左から庚・辛・壬・癸。

さあ、一年の始まりよ!

 中国最古の占星学である算命学の暦では、立春をもって一年の始まりとする、と前回もお伝えしたけれど、2022年は2月4日(金)からスタート。

 2月の干支と同じく「壬寅(みずのえとら)」のスタートである2月4日(金)は、開運の願掛けにはもってこいの日なの。

 さまざまな習わしがあるけど、禅寺では、新しい年の始まりである立春の早朝に「立春大吉」と書かれた厄除けのお札を門に貼る習慣があって、それを真似する人もいたり、立春の朝に汲んだ水(若水)でいれる縁起のいいお茶「福茶」を飲んだりする風習も。

 一年の始まりである立春、あなたはどう過ごすのかしら?

 立春の開運アクションは、東京ケイ子のインスタにて配信中!(@tokyo_keiko)

2月は「壬寅(みずのえとら)」

 実はこの2月の干支、2022年の年干支と同じなので、一年のテーマを凝縮したような月になるわ。

 「壬」は“草木の種子の内部にさらに新しいものが妊(はらま)れること”を表し「寅」は“春の胎動、春の象徴、草木が生ずる、成長”を意味するの。つまり「厳冬と新しい命の芽吹きが重なる時運」を意図しているの。花開く春の一歩手前と言ったところね。

 ただし、その勢いは凄まじくて、ある種いろいろなことが露呈する時とも言えるの。大事なのは自分自身をうまくハンドリングしていくこと。世の中の勢いに左右されずに、自分軸をしっかり持ってね。

 連日ニュースを賑わすコロナの問題も早く落ち着いてほしいところ。必要以上の心配や、不安を募らせることなく、一人一人が春に向けて準備をする、そんな時間を過ごしてね。


あなたの主星は?

結果を見る

あなたの主星は…

結果タイトル結果タイトル

結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト結果テキスト

東京ケイ子

東京ケイ子

統計学であり、哲学、人間学である、中国古代王朝の秘蔵の帝王学『算命学』の鑑定士。【宿命を識り、タイミングを計る】生まれた日で決まる、人の性格、一生のバイオリズム、宿命を読み解き、好機で勝負にでれるよう人生の伴走者を目指す。なかでも起業家やスタートアップ向けに戦略的な人生の指南を得意とする。    1985年生まれ。フリーランスのクリエイティブディレクターとして、広告業界のデザインに長く携わる。
Instagram https://www.instagram.com/tokyo_keiko


中村桃子

中村桃子

イラストレーター。1991年、東京生まれ。桑沢デザイン研究所ヴィジュアルデザイン科卒業。グラフィックデザイン事務所を経て、アーティストとして活動。絵の展示のほかに、装画、雑誌、音楽 、アパレルブランドのテキスタイルなどのイラストレーションも手掛ける。作品集に『HEAVEN』がある。
Instagram https://www.instagram.com/nakamuramomoko_ill/

2022.02.03(木)
文=東京ケイコ
イラスト=中村桃子