古くは薬代わりとしても重宝されたハーブとスパイスをお菓子にひとさじ。体を温めたり、免疫力や抗酸化力を上げたり、リラックスできたり――。

 食べる幸せに“効能”が上乗せされます。本格的な冬に備え、体と心を支える「5つ」の甘いものレシピを菓子研究家の長田佳子さんに教わりました。


体内の巡りを促し 疲れを癒す 「パイで包んだ焼きりんご」

 クエン酸が疲労回復を促すりんご、血液を循環させるシナモン、健胃や発汗作用があるフェンネル。

 相乗効果で体の巡りを整えて、健やかさをキープ。

●材料(2個分)

[パイ生地]
・バター(室温に戻す):35g
・塩:ひとつまみ
・卵液:1/2個分
・薄力粉:60g
・水:小さじ2

[フィリング]
・りんご:2個
・バター:30g
・シナモンスティック:2本
・フェンネルパウダー:ふたつまみ
・きび砂糖:50g

●つくり方

(1) パイ生地をつくる。ボウルにバター、塩、卵液を入れてゴムべらでなじませ、薄力粉を加えて切るように混ぜる。水を加えて切るように混ぜ、まとまったら2等分してラップで包み、冷蔵庫で30分ほど休ませる。

(2) りんごは皮をむき、芯を抜く。空洞部分にバター、シナモン、フェンネルを入れる。表面に半量のきび砂糖をまぶす。

(3) 作業台に打ち粉(薄力粉、分量外)をし、(1)をおき、めん棒で丸くのばす。(2)をのせて全体を包み、生地をしっかりくっつけて、残りのきび砂糖をふる。200度に予熱したオーブンで35分ほど焼く。

長田佳子(おさだ かこ)さん

菓子研究家。1977年生まれ。三重県出身。老舗フランス料理店、YAECAのフード部門「PLAIN BAKERY」などを経て、「人を癒すお菓子を」という思いから、2015年に自身のブランド「foodremedies」を立ち上げ、菓子研究家に。著書に『全粒粉が香る軽やかなお菓子』(文化出版局)など。

寒い一日、体と心に効く
ハーブとスパイスのお菓子

2020.10.20(火)
Text=Asami Kumasaka
Photographs=Nao Shimizu
Styling=Makiko Iwasaki
Recipe=Kako Osada(foodremedies)
Cooperation=UTUWA

CREA 2020年11・12月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

きれいな人がしてること。

CREA 2020年11・12月合併号

揺らがない自分でいるための習慣&コスメ
きれいな人がしてること。

定価820円

様々な業界で活躍する人たちの人生を支えてきた習慣とは? 大切にしている美の価値観とは? 時に悩みながらも、美容を通して“自分らしさ”に真摯に向き合ってきた“あの人”に取材。そこから見えてきたのは、揺らがない自分でいるための美容でした。