伊野尾宏之さんの偏愛を感じる4冊

 名物書店員、伊野尾書店店長の伊野尾宏之さんが偏愛を感じる4冊を、うかがいました。


長崎だけでこんなに⁉ 顔ハメ看板を求め全国へ

『顔ハメ百景 長崎天領ぶらぶら編』

「観光地によくある顔ハメ看板を探して旅を続ける著者が、全国の顔ハメ看板を紹介していくシリーズ本。

 よくまあこんなに顔ハメ写真を撮ったな、と呆れ……もとい驚嘆するのですが、おそるべきことにこれ『第1弾』として長崎県だけの顔ハメ看板なんです。

 ということはこのあと46種類も出るのでしょうか……」(伊野尾さん)

『顔ハメ百景 長崎天領ぶらぶら編』

塩谷朋之
阿佐ヶ谷書院 1,000円

» この本を購入する(Amazonへリンク)

2020.07.16(木)
Text=Etsuko Onodera
Photograph=Hirofumi Kamaya

CREA 2020年6・7月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

偏愛のすすめ。

CREA 2020年6・7月合併号

好きなものがあるっていいよね
偏愛のすすめ。

特別定価840円

偏愛の対象は人それぞれ。愛するものと出合った人たちの言葉は、どれも純粋な喜びに満ちていて、耳を傾けているだけで幸せな気分にしてくれます。パンダに魔女っ子おもちゃ、脚付きの器にカツカレーの食べ方まで。マイワールドを謳歌する人々の“偏愛”を盛りだくさんでお届けします。気になる作品満載のBOOK in BOOK「愛してやまない映画とドラマ」も必見です。