この記事の連載

 アジアのレストランランキングに、バンコクの評判店が常連として顔を出すようになって久しい。今や感度の高い世界のグルメは、こぞってこの街を目指す。いざ、風味絶佳の桃源郷へ。

 王道のタイ料理の他、フレンチやインド料理などがバンコクで楽しめる、至福のレストラン6軒を6回にわたりご紹介。


日本から直送された食材を贅沢に使用

◆Elements, Inspired by Ciel Bleu(エレメンツ インスパイア・バイ・シエルブルー)

 こちらは、「オークラ プレステージバンコク」のメインダイニング。

 その名の通り、「ホテルオークラアムステルダム」が誇るレストラン「シエルブルー」の技術と美学を、バンコクの地で開花させることに成功している。

 コンセプトは、日本料理の影響を色濃く感じさせるフレンチ。食材に関しても、イクラ、ホタテ、和牛など、日本から直送したものをふんだんに使用している。また、梅干しやジャパニーズウイスキーによる味付けも、この店ならでは。

 コースは、エクスペリエンス=体験と謳われる。4品の“KU-KI”、6品の“CHIKYU”、8品の“MIZU”の3つが用意されている。

 2022年よりシェフを務めるのは、スペイン出身のジェラルド・ホカヨ氏。シエルブルーでの経験を生かし、さらなる新風を吹き込んだ。

 オークラというブランドの底力を感じる体験を楽しみたい。

Gerard Horcajo

スペイン生まれ。メキシコ料理店でキャリアをスタート。ドイツ、イギリス、ベルギーなど、各国の著名レストランで修業を重ねた後、アムステルダムの「シエルブルー」に入店。2022年1月より、「エレメンツ」のシェフに就任。

「オークラ プレステージバンコク」の記事を見る

Elements, Inspired by Ciel Bleu(エレメンツ インスパイア・バイ・シエルブルー)

所在地 25F,The Okura Prestige Bangkok,57 Wireless Rd., Bangkok
電話番号 02 687 9000
営業時間 18:00~22:30
定休日 月・火曜
●コースは“KU-KI” 4,100タイバーツ、“CHIKYU” 4,800タイバーツ、“MIZU” 5,900タイバーツ
https://www.okurabangkok.com/ja/dining/elements-inspired-by-ciel-bleu

次の話を読むタイ・バンコクの魅惑のレストラン 伝統的インド料理を進化させ、 新たな美食を創り上げた名店「ガー」

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2023.06.30(金)
文=下井草 秀
撮影=佐藤 亘

CREA Traveller 2023 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

CREA Traveller 2023 vol.2

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

特別定価1,500円 (税込)

「CREA Traveller」2023 vol.2の特集は、「目醒めのタイ」。