この記事の連載

 野山ではなく、身近なまちなかの植物を観察する「植物観察会」を開いている植物観察家の鈴木純さん。植物観察をすると、10分の無機質な道のりが100分楽しめる植物園に変わるといいます。

 一体どんな会なのでしょうか。『まちなか植物観察のススメ』の著書から、「葉の形」を抜粋してご紹介します。

前篇を読む
後篇を読む
マンガ①を読む


まちなか植物観察のススメ

定価 1,760円(税込)
小学館
» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

← この連載のはじめから読む

2023.06.01(木)