この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、しらいさん。

» きのうのレシピ「キャベツとさつま揚げのカレー炒めのっけごはん」


vol.278 納豆の白和えのっけごはん

納豆の白和えのっけごはん。
納豆の白和えのっけごはん。

 納豆にお豆腐混ぜたらどうなるんだろう? という個人的な好奇心でやってみました。あえて水切りせず、ぐちゃっと混ぜて。納豆の粘りがお豆腐と混じり合ってとてもいい感じです。さすが同じ材料同士。お豆腐と納豆ってなんとなくいとこっぽいですね。

 今日は玄米にのっけました。栄養素のことはわかりませんが、身体にいいのは間違いないはず。忙しいときのスピードごはんにいいですね。

■材料(1人分)

・納豆:1pc
・絹豆腐:1/4pc
・海苔:適量
・玄米ごはん:適量

■作り方

(1) 納豆は付属のたれを加えてよく混ぜる。絹豆腐はさっと水気を切って加え、よく混ぜる。

(2) ごはんに(1)をのせ、海苔をちぎりながらのせる。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【クセになるあったか麺レシピ】 アボカド温玉のっけにゅうめん さっぱりしていてコクもある!

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.04.18(火)
文・撮影=しらいのりこ
イラスト=二村大輔