ジャーナリスト、モデル、写真家など幅広く活躍中のファッション通のクリエイティブ・コンサルタント、市川渚さんが愛してやまないのは、白いもの!

 それほどまでに“白”に惹かれる理由とは? 見事に白づくしのコレクションも一見の価値ありです。

 CREA6・7月合併号に掲載中の「ファッション通の偏愛ワードローブ」より、WEBだけの拡大版をお届けします。


理想は、少し赤みのあるチョークのような白

 ついつい選んでしまうというより、白いものしか選べないくらい白が好き。

 ファッション小物だけでも30~40点、家電やインテリアを合わせたら、所有する白アイテムはとんでもない数に(笑)。

 白も青みがかった真っ白ではなくて、少し赤みのあるチョークのような、曇り空のような、落ち着いたオフホワイトに近い白が理想。

 どうしても好みの白が見つからなければ、自分で作ることもあります。

A:Simone Rochaのブラウスは海外通販で取り寄せた一着。
「一見フリルがすごいのですが、着るとシックな雰囲気に」(市川さん)

B:20代の若いデザイナーのブランド、TENDER PERSONの特殊素材を使ったジャケット。
着用した時のフォルムが面白い。

C:SUÉSADAのシャツは毎シーズン購入するほどお気に入り。

D:4 年前から愛用中のStella McCartneyのパンツ。
「自分のためにあつらえたかのようにサイズがぴったりで、試着後、即購入」(市川さん)

2020.07.24(金)
Text=Mayumi Amano
Photographs=Kenichi Yoshida

CREA 2020年6・7月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

偏愛のすすめ。

CREA 2020年6・7月合併号

好きなものがあるっていいよね
偏愛のすすめ。

特別定価840円

偏愛の対象は人それぞれ。愛するものと出合った人たちの言葉は、どれも純粋な喜びに満ちていて、耳を傾けているだけで幸せな気分にしてくれます。パンダに魔女っ子おもちゃ、脚付きの器にカツカレーの食べ方まで。マイワールドを謳歌する人々の“偏愛”を盛りだくさんでお届けします。気になる作品満載のBOOK in BOOK「愛してやまない映画とドラマ」も必見です。