この記事の連載

七海さんには退団後の相談も

彩凪 私こそカイさんに優しくしていただいて、ありがたかったです。とくに舞台は退団してすぐの公演で初めての女役で、いろいろ不安が多かったなか、精神面でもお芝居の面でも助けていただきました。退団後のこととか、結構真面目な話もさせてもらい……。

七海 こんなご時世だからごはんにはなかなか行けなかったけど、一緒にいる時間が長かったから。

彩凪 そうですね。私の中でカイさんって、ファンの方に対してすごく愛情を持って大切にされている方だなって印象があるんですよね。一時期、近くで一緒にやらせていただいて、そこにすごく共感したし、話していても勉強になることが多くて……。あと、すごく大らかですよね。

 わかります。ひろきさんは、舞台のことで厳しくせねばならないとき以外で、怒ったり感情が荒ぶったりされるのを見たことがなかったです。でも、ご自身の役づくりに関しては本当に厳しくストイックに向き合っていらっしゃって。人には優しく自分には厳しく、っていうのを本当に体現されている方だなと思っていました。

彩凪 前の現場でカイさんとテンポが似てると言われたんですよ。

七海 私からしたら、翔ちゃんはシャキッとしてるイメージだけどね。たしかにほわっとしているところはあるけれど、私よりずっとしっかりしてるし。

彩凪 そんなことないですよ。

七海 宝塚時代、客席で見ていて、お客さんの心を掴んでいくのがすごく上手な人だなって思ってた。

 本当に素敵ですよね。キメるべきところはきっちりキメて、絶対にハズさない感じが。

彩凪 それはみんなそうでしょ?

 でも下級生が真似てすぐできるかといったら、できなくて。彩凪さんの嗅覚だとかセンスだとかで掴まれて、積み重ねられたものだろうなと思っています。

七海 あと共演して感じたのは、こちらにすごく寄り添ったお芝居をしてくれたり、先回りして私が演じやすいように考えてくれたりして、すごいなって。

彩凪 ありがとうございます。

七海 あやな(綾さんの愛称)ちゃんのことは第一印象から覚えてる。『華やかなりし日々』の……。

 初舞台でした!

七海 星組を見に行ったとき、スタイルが良くて顔が綺麗な子がいるなっていうので覚えてて。その後、新人公演(入団7年目までの生徒のみで、本公演と同じ作品を上演する試演公演)で見たら、繊細な芝居をする人なんだなって。

 そんな……。

彩凪 私、今、カイさんがおっしゃったこととまったく同じことを思ってたんです。あやなが雪組に組替えしてきてすぐに新人公演で初主演したんですよ。そのころは組替え後すぐで、一緒にお芝居する機会がほとんどなかったんだけど、新人公演で繊細なお芝居をするのを見て、あやなのお芝居めっちゃ好きやなって思ったんで。これは伝えなきゃって、本人に……。

 はい。当時はまだ緊張で右足と右手が同時に動いているようなときだったんですけれど。

彩凪 私は褒められて伸びるタイプだったから、伝えてあげたいって思って。まあ受け取る側によっては、ちょっと押し付けっぽいかもしれないけれど。

 そんなことないです。言っていただいて、嬉しくて、ふえぇぇ~んみたいな感じでした。

彩凪 それまでは全然しゃべったことがなかったのにね(笑)。

 でも、組替えしてきてすぐで、環境に慣れてなかった中、とても心が和らぎました。

七海 この間出ていた朗読劇(朗読舞踊劇 Tales of Love『阿国−かぶく恋、夢の果て−』)を観に行ったんだけど……。

 ありがとうございました。

七海 そのとき宝塚のころとは少し違う雰囲気を纏ってて、新しい世界で生きていくんだっていう強さというか、核みたいなものを感じてかっこいいと思って観てたよ。

 嬉しいです。七海さんは、私が入団4年目のときに宙組から星組に組替えされてきて、初めて同じ舞台に出させていただいた公演が『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』なんですが、そのときのお役がすっごくパワフルで。

七海 私も覚えてる。在団中、そんなに話す機会はなかったけど。あっ、でも一回、偶然会って、お茶したよね? そのとき、紅茶が好きで、みたいな話をした記憶が。

 ありました!

彩凪 そうそう紅茶好きだよね。私、あやなからおいしい紅茶屋さんを紹介してもらったことがある。

 彩凪さんとは、私が雪組に組替えしてすごい緊張していたころに、緊張をほぐすように話しかけてくださったのを覚えています。

彩凪 雪組時代は、趣味が近かったりして一緒に出かけたりしてたよね。久々に会ったけど、私的にはあんまり雰囲気が変わってない感じがしたな。

» この続きは「CREA」2023年冬号で読めます

» 七海ひろきさんに5つの質問はこちらから
» 彩凪 翔さんに5つの質問はこちらから
» 綾 凰華さんに5つの質問はこちらから

七海ひろき(ななみ・ひろき)

1月16日生まれ、茨城県出身。2003年に宝塚歌劇団に入団。宙組、星組を経て、17年には『燃ゆる風』で初の単独主演を務める。19年の退団後は、声優や歌手としても活躍。深夜ドラマ『合コンに行ったら女がいなかった話』にも出演している。

彩凪 翔(あやなぎ・しょう)

6月2日生まれ、大阪府出身。2006年に宝塚歌劇団に入団し、宙組を経て雪組に配属。華のある容姿で注目を集め、新人公演やバウホール公演などで数々主演を務めた。21年に退団。今年11月にアルバム『「De mon coeur」 心から~彩凪翔』をリリースした。

綾 凰華(あや・おうか)

1月5日生まれ、兵庫県出身。2012年に宝塚歌劇団に入団。星組を経て雪組に組替え直後の17年『ひかりふる路』、翌年の『ファントム』新人公演に主演し注目される。22年6月に退団し、9月に朗読舞踊劇 Tales of Love『阿国−かぶく恋、夢の果て−』に出演。

直筆サイン入りポラを各1名様にプレゼント!

CREA2023年冬号をお買い上げの方に、直筆サイン付きポラをプレゼント♪ 応募〆切は2023年3月6日(月) 消印有効。詳細は誌面をチェック!

舞台『刀剣乱舞』禺伝 矛盾源氏物語

舞台シリーズ13作目となる本作。物語の軸となる歌仙兼定には七海さん、大倶利伽羅は彩凪さん、一文字則宗は綾さんが演じる。元タカラジェンヌが刀ステに挑む。
東京公演:2023年2月4日(土)~12日(日)、大阪公演:2023年2月16日(木)~19日(日)
https://stage-toukenranbu.jp/stage/

次の話を読む“刀ステ”ファンの方々を裏切ることの ないように。 宝塚出身の“刀剣男士” 3人が新鮮な仲良しインタビュー!

← この連載のはじめから読む

2022.12.07(水)
Text=Risa Mochizuki
Photographs=Satoru Tada
Styling=Syohei Fujinaga〈七海〉、Nami Takegami〈彩凪〉
Hair & Make-up=Kazuki Shiota〈七海〉,Asako Satori〈彩凪〉,Miyuki Okada〈綾〉

CREA 2023年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

100年超えの名品から、最旬SDGsアイテムまで贈りものバイブル

CREA 2023年冬号

100年超えの名品から、最旬SDGsアイテムまで贈りものバイブル

特別定価960円

「CREA」2023年冬号は「贈りものバイブル」です。大切だからこそしばらく会えなかったあの人に、一年間頑張った自分に、贈りたいのはやっぱりいいもの――時を越えて愛される名品の数々です。2023年、文藝春秋は100周年を迎えます。そこで今回は、100年以上続く老舗の名店や、未来へと伝えたい価値観を掲げる新店などから、選りすぐりのギフトをご紹介。あなたのホリデーシーズンが、最高にハッピーなものになりますように!