街をメインフィールドとする動物写真家の佐々木まことさんが、日本の津々浦々を散歩しながら撮りためた犬や猫の写真は100万枚超! そのなかから厳選した傑作の数々をご紹介します。


vol.074

「歩きにくいのニャ!……まるで『ツイスターゲーム』みたいなのニャ‼」

●Shooting Memo

毎年、冬のこの時期になりますと「雪国のにゃんこ」に会いに行きたくなります。
雪国であります北海道の実家へは「雪」の季節には10年以上も帰省ができておりません……。
今年こそは! と思っておりましたが、現在のコロナ禍の状況では、実家の両親が高齢なもので帰省を諦めざるをえませんでした……。
写真の三毛にゃんこは、8年前の「にゃんこの日」(2013年2月22日)に寒波が到来したときの北近畿にある漁港にて遭遇しました!
人懐っこい三毛にゃんこで近寄ってくるのですが、新雪に足が埋まるのが嫌みたいで、人や他のにゃんこの足跡のところを選びつつ歩いておりました♪
その光景は……昭和から平成の頃の深夜のお色気番組で定番だった『ツイスターゲーム』をしているみたいでございました(笑)。

佐々木まこと(ささき まこと)

動物写真家。1968年北海道江別市生まれ、大阪府堺市在住。大阪芸術大学芸術学部写真学科を卒業後、同大学研究室に勤務。その後、'99年よりフリー。「わんこ」「にゃんこ」「どうぶつ」を関西圏を中心に全国津々浦々で神出鬼没にてストーカー撮影中。個展やグループ展などにも多数出展。著書に『ぼく、となりのわんこ』(オークラ出版)、電子書籍『となりのわんこ。vol.1~vol.3』(鈴屋出版)がある。最新写真集は『のらのいる風景』(鈴屋出版)。

Column

佐々木まことの
犬猫脱力写真館

佐々木まことさんは、主に街をメインフィールドとした動物写真家。これまで、日本の津々浦々を散歩しながら撮りためた犬や猫の写真は、ゆうに100万枚を超えます。この連載では、その中から厳選した傑作の数々を一枚ずつご紹介していきます。

2021.02.17(水)
撮影・文=佐々木まこと