免疫力をアップしたい今日この頃に嬉しい、ヘルシーな酒のあての秘密は「塩麴」「みそ」「酒粕」など身近な発酵食品。

 料理研究家・真藤舞衣子さんのレシピ本『からだが整う発酵おつまみ』を参考に、元気に過ごしましょう。


酒粕お好み焼き

 酒粕と塩麹効果であふれるうまみ。どんどんイケます。

●材料(2人分)

・豚バラ薄切り肉:100g
・薄力粉:50g
・白菜(みじん切り):200g分

[A]
・長いも(すりおろし) : 100g分
・卵 : 1個
・酒粕:大さじ2
・塩麹:小さじ1

・米油:大さじ1
・マヨネーズ、かつお節、青のり(各好みで):各適量

●作り方

(1) ボウルに[A]を入れてよく混ぜ、薄力粉と白菜を加えてさらに混ぜる。

(2) 熱したフライパンに米油を入れ、(1)を流し入れて直径20センチくらいに広げる。豚肉をのせて弱火で10分ほど焼く。

(3) 下面に焦げ目がついてきたらひっくり返し、焦げ目がつくまでさらに10分ほど焼く。

(4) 器に盛り、好みでマヨネーズ、かつお節、青のりをのせる。

※ポン酢で食べてもおいしい。


使用した「発酵食品」はこの2点

●酒粕

 日本酒を造る工程で、発酵したもろみを搾ったもの。酒の風味があって、栄養成分やうまみ成分が豊富。

 ペースト状が使いやすい。板状なら、温めてやわらかくして使う。


●塩麹

 塩と米こうじで作る調味料。塩の代わりに使うと、発酵で生まれる甘み、うまみ、コクで深みのある味の料理に仕上がる。

「免疫力が上がる、おいしくなる からだが整う発酵おつまみ」

著・真藤舞衣子
定価 1,600円
立東舎
» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

真藤舞衣子(しんどう まいこ)

料理家。カフェ「マイアンmy-an」(山梨市)のオーナー。会社勤務ののち、京都の大徳寺内塔頭(たっちゅう)で1年間生活。その後、フランスのリッツ・エスコフィエ・パリ料理学校に留学し、ディプロマを取得。帰国後東京の菓子店に勤務。現在は料理教室の主宰やレシピ開発、食育講座、ラジオ、テレビのレギュラーコメンテーターや料理番組などで多忙な日々。著書に『箸休め』(学研プラス)、『NHKまる得マガジンプチ 麹:手づくりみそ、甘酒、塩麹』(NHK出版)など多数。
http://my-an.com

からだの中から健やかになる
おつまみレシピ

2020.06.03(水)
料理=真藤舞衣子
撮影=竹内章雄
スタイリング=池水陽子
構成=小橋美津子(Yep)