この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、白央さん。

※本記事は、再公開したものです(初出:2022年8月28日)

» きのうのレシピ「豚トマキムチ丼」


vol.45 モウカザメのバター醤油ソテー丼

モウカザメのバター醤油ソテー丼。
モウカザメのバター醤油ソテー丼。

 「サメなんて食べたことない!」って方も多そうですが、モウカザメがね、おいしいのですよ。柔らかくてクセがなくて、鶏と白身魚の中間のような旨みがあって。しかも値段も手頃、見つけたら私は最近必ず買っています。

 揚げてもおいしいんですが、きょうはムニエルに。バター醤油で味つけすると、白ごはんに合うんだなあ。

■材料(1人分)

・モウカザメ:1切れ
・小麦粉:適量
・バター:1かけ(8g程度)
・醤油、酒:小さじ2
・塩こしょう:適量
・ごはん:適量
・青ネギ:お好みで

■作り方

(1) モウカザメは両面に軽く塩こしょうして、薄く小麦粉をつける。

(2) フライパンを中火で熱してバターを入れ、ほぼ溶けたぐらいで全体になじませ、(1)を入れる。

(3) 焼き面がきつね色になったら返し、酒を入れ、もう片面にも焼き色を付け、醤油を加える。

(4) モウカザメが大きければ適宜切って、ごはんと器に盛る。刻んだ青ネギを散らす。

 モウカザメ、厚みにもよりますが1センチ前後の厚さだったら中火で片面2分、返して1分ほど焼いてください。身が硬くなりにくいのもモウカザメのいいところ。

 最初に食べやすい大きさに切って、ソテーしていただいても構いません。揚げもの好きな方なら、ナゲットにしてもおいしいですよ。

 そうそう、昨日の豚キムチ×トマト、うまそうでしたねえ。夏にぴったり! そして沖縄のうつわに最高に映えてた。のりこさんはうつわの趣味がいいんだよ、また。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

次の話を読む【さっぱり味のスタミナ丼レシピ】 カツオのたたきの梅とろろのっけ丼 にんにくの香りとともにめしあがれ

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.08.28(月)
文・撮影=白央篤司
イラスト=二村大輔