この記事の連載

 フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。今日は、花を飾ってみませんか?

» 別日の花の記事をチェック!


6月14日の花はクレマチス「ベルオブウォーキング」

 すらりと伸びる固いつる状の茎から日本ではテッセン(鉄線)と呼ばれ、江戸時代から栽培されて、親しまれてきました。

 つる植物の王であるバラに対して、つる植物の女王と称えられるその姿は気品にあふれています。

 クレマチスは十数種類の系統に分類されていますが、わかりやすくまとめると、一重咲き、八重咲き、ベル咲きの3つのタイプがあります。

 「ベルオブウォーキング」は、八重咲の品種で花も大輪なので、数あるクレマチスの品種の中でもひときわゴージャスな雰囲気です。

 透明感のある薄い紫の花色を活かして、シンプルな白い花器で楽しみましょう。

【クレマチスの花言葉】精神的な美しさ、旅人の喜び、安全、美しい心、創意工夫
【クレマチスが誕生花の人】4月27日、6月5日、7月1日、9月12日、10月22日生まれ

#CREAの公式YouTubeチャンネルで、花イラストのメイキング動画を随時公開中!

佐藤俊輔(さとう しゅんすけ)

フラワーデザイナー。大手百貨店退社後、花の世界へ。2014年モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。'17年「女性自身」(光文社)、’19年日本最大級の花材通販「はなどんやアソシエ」にて季節のアレンジメントを連載。’20年から、CREA WEBにて「Playful Flower Life!」連載中。

次の話を読む【6月15日の花】ベロペロネ エビのような愛嬌ある姿が可愛い

← この連載のはじめから読む

Column

今日、花を飾るなら。
ブルームカレンダー

フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。花にまつわるトピックスや飾り方などもあわせて紹介します。今日は、花を飾ってみませんか?

 

2023.06.14(水)
文=佐藤俊輔
イラスト=佐藤弘昌