美のプロたちがコレクションする「偏愛コスメ」。ビューティを知り尽くしたプロだからこそ、絶対的に綺麗になる、そして気づいたらどうしようもなく好きで、手元に続々と集まっているアイテムたちがあります。

 ビューティライターのAYANAさんが偏愛するのは“アートなアイシャドウ”。どんな色でもよくて、配色も自由自在、無限の可能性を秘めたコレクションをご紹介します。


可能性のあるアイシャドウが好き

 色というものが大好きで、だからこそ色の制限、制約のないアイシャドウに心惹かれます。

 唇や頰にブルーはあまり塗らないけれど、アイシャドウは何色でもいい。 「きれいになる」とはまた別の、表現としてのカッコよさや斬新さ、驚きがあって、「こうきたか!」と唸らせてくれるアイシャドウを、ブランドや価格帯に関係なく集めています。

 美しいアート作品として眺めるだけでも幸せでしたが、最近は、実際にまぶたにのせたときの美しさも堪能したうえで、コレクションに加えています。

 愛してやまないアイシャドウがこれからもどんな驚きを与えてくれるのか楽しみです。

A 1~5:自分で試作したシュウ ウエムラのアイシャドウ
「20年程前、カラリストとして店頭でお客様の要望に合わせてカスタムメイドのアイシャドウをつくる仕事をしていた際の、思い出深いもの」(AYANAさん)

C:トム フォード ビューティ
シックでグラマラスなトム フォード ビューティのアイパレット。

D 1~2:シュウ ウエムラのグリッター

E・N・U:SUQQU
「“大人の色遊び”を提案してくれるSUQQU」(AYANAさん)

F 1~2:ルナソル
「実際につけて褒められる率が高いのがルナソル」(AYANAさん)

H・O:Fujikoのシェイクシャドウ
「その斬新さに驚きました」(AYANAさん)

I・J・P 1~2:NARS
「NARSはほかにはないカラーが面白い」(AYANAさん)

L・R:THREE
アーバンかつオーガニックな一貫した世界観をもつTHREEのパレット。

Q:シャネル レ キャトル オンブル 268
絶妙な配色のシャネル レ キャトル オンブル 268。

T:B IDOLのTHE アイパレ

見ているだけでうっとりする “映え”シャドウ

B・G:シャネル
チョコレート菓子やツイードを模したシャネル。

K・M:RMK
点描画のようなRMK。

S:サンローラン
モザイクパターンのようなサンローランなどは、美しいアート作品のよう。

メイクボックスを アイシャドウ専用に

 雑誌のコスメ収納の企画を機に収納を見直し。

 実際にメイクをするときに使うというよりも、これまで集めてきたお気に入りのアイシャドウをメイクボックスにひとまとめに。

※価格表記のないものはすべて私物です。

AYANA(あやな)さん

ビューティライター。美をとりまく人、モノ、コトに関する執筆活動をはじめ化粧品メーカーでの商品開発の経験から、ブランディングや商品開発などにも携わる。OSAJIメイクアップコレクションのディレクターも務めている。

美のプロたちが
愛し続けたいコスメ

2020.06.24(水)
Text=Kyoko Murahana
Photographs=Hidetake Nishihara(TENT)

CREA 2020年6・7月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

偏愛のすすめ。

CREA 2020年6・7月合併号

好きなものがあるっていいよね
偏愛のすすめ。

特別定価840円

偏愛の対象は人それぞれ。愛するものと出合った人たちの言葉は、どれも純粋な喜びに満ちていて、耳を傾けているだけで幸せな気分にしてくれます。パンダに魔女っ子おもちゃ、脚付きの器にカツカレーの食べ方まで。マイワールドを謳歌する人々の“偏愛”を盛りだくさんでお届けします。気になる作品満載のBOOK in BOOK「愛してやまない映画とドラマ」も必見です。