この記事の連載

 チェンマイは、リピーターの多い街だ。一度訪れると、魅力の虜になり、再訪を誓う。

 それなら、ホテルも泊まり比べてみたいもの。ピン川の畔に佇む珠玉の3軒を3回に渡りご紹介。


充実のパッケージで本来の自分を取り戻す

◆Rarinjinda Wellness Spa Resort(ラリンジンダ・ウェルネス・スパ・リゾート)

 総合的なウェルネス体験を提供する本格派のスパリゾートがこちら。

 スパにおけるサービスはバラエティ豊かだ。スタンダードなトリートメントはもちろん、サウンドセラピーやフットケアなどを独自に組み合わせた興味深いパッケージもたくさん用意されている。

 そして、水中で理学療法を行うハイドロセラピープール、花を浮かべた一人用ワールプールなど、スパリゾートならではの施設が充実している。

 宿泊せず、スパの施術だけを受けることも可能だが、アースカラーでまとめられた客室は心落ち着くので、ぜひステイした上でスパに通ってみたい。

 所在地は、旧市街側から橋を渡ったピン川東岸。周辺には民芸品やシルクなどを扱うショップが多く、散策も楽しい。

「ラリンジンダ・ウェルネス・スパ・リゾート」の全ての画像を見る

Rarinjinda Wellness Spa Resort(ラリンジンダ・ウェルネス・スパ・リゾート)

所在地 1,14 Chareonraj Rd., Wat Kate, Chiang Mai
電話番号 053 247 000
客室数 35室
料金(1室) 6,500タイバーツ~(朝食付き)
https://www.rarinjinda.com/

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2023.06.04(日)
文=下井草 秀
撮影=佐藤 亘
コーディネート=長屋良典(T-Live)

CREA Traveller 2023 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

CREA Traveller 2023 vol.2

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

特別定価1,500円 (税込)

「CREA Traveller」2023 vol.2の特集は、「目醒めのタイ」。