オーシャンビューの “グランコテージ” で心弾む休日

◆BAYSIDE KANAYA [千葉・富津市]

 気持ちのよい陽気に誘われて、アウトドアを楽しみたくなる秋の行楽シーズン。「グランピングを体験してみたい」と考えている人も多いはず。

 そこで「週末に気軽に行けるの?」「クルマがなくても大丈夫?」と思っている人にもぜひ、おすすめしたいのが、2022年4月に誕生した、BAYSIDE KANAYA(ベイサイド金谷)。

 グランピングをさらに進化させた “グランコテージ” スタイルのリゾートで、しかも海が目の前。その魅力をCREAアンバサダーの河合萌花さんと水村真奈さんが体験しました。

左: 河合萌花さん。サッカー大好き、フットサルチームに所属するなど、アクティブ派。
右: 水村真奈さん。愛犬と一緒に月に2回ほどホテルステイを楽しむ。旅行好き。

 グランピングというと、大自然のなかにあって、クルマがないとアクセスが大変……。そんなイメージがありますが、BAYSIDE KANAYAは、とっても便利。

 今回の旅では、まず京急久里浜駅に集合。そこからバスで10分ほどの久里浜港から東京湾フェリーに乗って出発です。

久里浜港から毎日1~2時間おきに運航している東京湾フェリー。料金は片道1名900円。

 船内の座席はゆったりとしていて、旅はとても快適。

「久里浜からフェリーが出ているなんて、ぜんぜん知りませんでした」(水村さん)。「なんだか船旅ってテンションあがりますね」(河合さん)。

 乗船時間はわずか40分。穏やかな海を眺めながら、あっという間に千葉・金谷港に到着。

「あ、歩いてすぐのところに見えてきました」(河合さん)。「フェリーの港からこんなに近いんですね」(水村さん)。

 そして、BAYSIDE KANAYAは、この港から徒歩5分ほど。すぐに白い建物が見えてきます。

「海辺のリゾート感いっぱいで、ワクワクします」(河合さん)。「新メニュー “大人様ランチ” 1日10食限定って書いてありますよ」(水村さん)。

 BAYSIDE KANAYAの魅力は、グランピング気分を楽しめるだけでなく、オーシャンビューの素敵なカフェレストランも用意しているところ。

180度オーシャンビューのカフェレストラン「LA MER BLEUE(ラ・メール・ブルー)」。営業時間11:00~21:00(時季により変更あり、駐車場完備)

 さっそくランチを味わってみます。スタッフの方におすすめをお聞きすると「地元のものですと、やっぱり海鮮。とくにアジですね。海鮮丼やフィッシュサンド、オーガニックプレートが人気です」。

「私、ビール飲んじゃおうかな(笑)」(河合さん)。「せっかくのリゾートですもんね! 飲んじゃいましょう♡」(水村さん)。

 ちなみにカフェレストランは、宿泊ゲストでなくても利用可能。地元の人の間でも「おしゃれなお店ができた!」と話題で大人気。

 開放感あふれる空間で味わう料理は、どれも新鮮なおいしさ満載です。

左:具だくさんで人気の海鮮丼「ラ・メール・ブルー ボウル あじ」1,900円。
右:新鮮魚介の旨みがたまらない「KANAYA漁師パスタ」2,300円。

 さて、おなかいっぱいになったところで、周辺探索へ。

 この地で必見といえば、鋸山(のこぎりやま)。コロナ禍前には、東京の高級ホテルに宿泊する海外からの旅行者も「ここには行ってみたい!」と、その多くが訪れていたという絶景スポットです。

 15時のチェックインまでの間、荷物を預けて、いざ鋸山へ。

» BAYSIDE KANAYAでは、CREA WEB読者にスペシャル宿泊プランをご用意

鋸山ロープウェーの乗り場は、BAYSIDE KANAYAから徒歩10分ほど。片道1名500円。

 標高329メートルの鋸山。本格的にアウトドアを楽しむなら、麓から “登山家コース” をたどって山頂まで約150分。お気軽派には、山頂までわずか4分の鋸山ロープウェーがあります。

鋸山の展望台からの眺め。海の向こうに三浦半島を一望できます。

 山頂からの眺めは、とにかく気分爽快!

「さっきフェリーに乗った久里浜はあの辺りかな……」(河合さん)。「千葉って、海のイメージでしたけど、こんな山もあるんですね。しかも、海と山がとても近くて驚きました」(水村さん)。

 そして、鋸山の必見スポットといえば、切り立った岩場にある「地獄のぞき」。もちろんお二人も行ってみます。

2022.10.06(木)
文=矢野詔次郎
写真=鈴木七絵