スタイリストの荻野玲子さんが偏愛するのは、かわいい生地で垢抜けすぎない雰囲気の古着。

 ファッション賢者が「出合ってしまった!」と嬉しくなり持ち帰った、運命の古着コレクションをご紹介します!


織り、刺繡、柄を眺めているだけで楽しい

 母がパタンナーをしていて、小さな頃から布が身近にある環境で育ったからか、かわいい生地に目がなくて。

 古着を選ぶときも、まず柄や生地感などの素材に注目。

 お気に入りの生地で着丈やサイズがぴったりだと、「出合ってしまった!」と嬉しくなって持ち帰りたくなります(笑)。

A:「開襟シャツが大好き。子ども用のアロハシャツはデニムに合わせてシンプルに」(荻野さん)

B:「OZ VINTAGEで購入した、姫感のあるフォルムのブラウスは極太パンツで」(荻野さん)

C:細かなディテールワークに惹かれて古着屋TOROで購入したブラウス。

D: ほんのり和な雰囲気のスカートはMilli Vintageで入手したもの。

E:大胆な大柄が気に入った贅沢に生地を使ったフレアスカート。

F:「気になって手に取るとNorma Kamaliの花柄のことが多いんです」(荻野さん)

2020.07.28(火)
Text=Mayumi Amano
Photographs=Kenichi Yoshida

CREA 2020年6・7月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

偏愛のすすめ。

CREA 2020年6・7月合併号

好きなものがあるっていいよね
偏愛のすすめ。

特別定価840円

偏愛の対象は人それぞれ。愛するものと出合った人たちの言葉は、どれも純粋な喜びに満ちていて、耳を傾けているだけで幸せな気分にしてくれます。パンダに魔女っ子おもちゃ、脚付きの器にカツカレーの食べ方まで。マイワールドを謳歌する人々の“偏愛”を盛りだくさんでお届けします。気になる作品満載のBOOK in BOOK「愛してやまない映画とドラマ」も必見です。