日本の現代アーティストによる
多彩な個展も!

『やなぎみわ展  神話機械』

《女神と男神が桃の木の下で別れる:川中島》(部分)2016年 作家蔵

 写真や映像による作品を多く手がけてきたアーティストやなぎみわが、演劇プロジェクトを本格的に開始したのは2010年からだった。

 およそ10年ぶりとなる大規模個展『やなぎみわ展  神話機械』では、自律的に演劇をおこなうという《神話機械》がお披露目となる。

 作家本人が「無人公演」と呼ぶこの仕掛け、はたしてどんなものなのか。日本神話をモチーフにした新作などとともに期待して足を運びたい。

『やなぎみわ展  神話機械』

会場 静岡県立美術館(静岡市)
会期 開催中~2020年2月24日(月・休)
料金 一般 1,200円(税込)ほか
電話番号 054-263-5755
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

『岡﨑乾二郎─視覚のカイソウ』

1997年 アクリル、カンヴァス(2枚組) 豊田市美術館蔵

 やなぎみわと同様に活動領域が多岐にわたるのが、造形作家の岡﨑乾二郎だ。

 彫刻、絵画、メディア・アート、舞台美術などジャンルを問わない創作はもちろんのこと、展覧会キュレーションや批評の世界でも第一線で活躍している。

 『岡﨑乾二郎─視覚のカイソウ』は彫刻や絵画作品などがたっぷり観られる個展。美しき抽象の世界に溺れてみたい。

『岡﨑乾二郎─視覚のカイソウ』

会場 豊田市美術館(愛知県・豊田市)
会期 開催中~2020年2月24日(月・休)
料金 一般 1,300円(税込)ほか
電話番号 0565-34-6610
https://www.museum.toyota.aichi.jp/

山内宏泰(やまうち ひろやす)

ライター。著書に『上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史』(星海社新書)ほか。「文学ワイン会 本の音夜話」などの催しも主宰。近刊に『写真を読む夜』(誠文堂新光社)、電子書籍『写すひと』(コルク)。
https://twitter.com/reading_photo/

Column

山内宏泰のこの1枚に会いたい!

美術、写真、文芸その他について執筆するライター、山内宏泰さんがナビゲート。いま見逃せない美術展をテーマに沿ってご紹介する、アートの“ななめ歩き”の提案です。

 

2020.01.09(木)
文=山内宏泰

CREA 2020年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

秘密の東京。

CREA 2020年1月号

知っているようでまだ知らない
秘密の東京。

特別定価840円

東京は、世界でも有数の、秘密に溢れた街だと思います。見慣れた場所でも、ちょっと視点を変えれば新しい発見がある。通り過ぎてしまっているものに目を向ければ、そこにはストーリーがあります。食、建築、カルチャーなど、今回は、そんな東京の魅力を掘り下げて取材。知っているようで知らない東京に出会えます。