和食にもぴったり合う
日本の「塩尻」ワイン

塩尻は全国有数のぶどうの産地。

 最近、国内外で注目されている日本ワイン。

 全国に280以上のワイナリーがあり、国際的なコンクールで、権威ある賞を次々と受賞。世界的な和食ブームを背景に、和食に合うワインとして急速に知名度を高めている。

 その最前線にあるのが、長野県のほぼ中央に位置する塩尻市で生まれたワインだ。

塩尻は日本ワインの最前線。
世界的ブームの和食によく合う日本ワインは人気急上昇中。

 長野県は、全国有数のぶどうの産地。

 なかでも、日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きい塩尻は、ワイン専用のぶどうの生産量が全国トップクラス。

 日本一の生産量を誇る、フランス・ボルドー原産のメルローを始め、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、日本の風土に合わせて開発されたマスカット・ベーリーA、アメリカ原産のナイアガラ、コンコードなども育てられている。

じつは他県で醸造されるワインにも塩尻産のぶどうが使われていることも。

広大なぶどう畑に
個性豊かな16のワイナリーが点在

 2014年6月、塩尻市はワイン特区(構造改革特別区域※)に認定。

 小規模ワイナリーが設立しやすい環境が整っているため、意欲的なつくり手が集まってくる。

 多種多様なぶどうが栽培され、100年続く老舗もあれば、つい最近、ぶどう畑を耕しはじめた個人醸造家もいて、常に新しい風が吹いている。

 塩尻のワインが個性豊かであるゆえんだ。

塩尻ワイン大学では、醸造用のぶどうの栽培やワイナリーの設立を目指す人を全国から募り、人材の確保や育成を図っている。

※通常、ワイナリーを設立するためには、酒税法により、通常年間6キロリットルの見込数量が必要だが、ワイン特区の塩尻市内では、2キロリットルの見込数量でも、製造免許を受けることができる。

2019.11.04(月)
文=伊藤由紀