日本のマンションや一軒家は、とかく間取りが画一的になりがち。

 そこに実用性だけで選んだ家具を置くと楽しみが増えづらい……。

 雰囲気をガラリと変えてくれる“相棒家具”選びのコツをライフスタイルショップ「CIBONE」に教えてもらいました。


頼りになるブランドを知っておく

 家具選びに迷ったら、トータルコーディネートできるブランドを頼りにするのも一つの手。

「ソファやテーブル、照明などが揃えられるうえに、サイズも豊富で生活スタイルに合わせて選べます。自然と統一感が出ます」

◆HAY (ヘイ)

 デンマークのインテリアプロダクトブランド。シンプルかつモダンなデザインの家具が揃う。

 サイズのバリエーションも豊富で、日本の住宅に合わせやすい。

◆FEST Amsterdam (フェスト アムステルダム)

 一見シンプルでありながら、素材にこだわっていたり、遊び心や小さな仕掛けがあったりするデザインが多いオランダのブランド。

 アクセントになるカラーも多い。

◆KARIMOKU NEW STANDARD (カリモク ニュー スタンダード)

 江戸時代から続く日本を代表する家具メーカー。

 培ってきた製造技術と先進的なデザイナーの視点を組み合わせ、日本の住まいと暮らしに合う新しい定番を生み出している。

●教えてくれたのは……

CIBONE (シボネ)

所在地 東京都渋谷区神宮前 5-10-1 GYRE B1F
電話番号 03-6712-5301
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休
https://www.cibone.com/

部屋のマンネリを打開する家具選び

2022.05.08(日)
Text=Kaori Hareyama
Photographs=Hirofumi Kamaya

CREA 2022年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

あたらしい暮らし 楽しい暮らし

CREA 2022年春号


あたらしい暮らし 楽しい暮らし

特別定価880円

「CREA」2022年春号の特集は、「あたらしい暮らし 楽しい暮らし」。激動する時代の中“楽しい暮らしの正解”はなくて、きっとそれは百人百様。でも人生100年時代となり、キャリアがマルチステージ化していくと言われる世界を、自分らしく楽しむためには、自分の中に「種」を持っていたい。今すぐじゃなくても、ちょっと先の未来に芽が出るような、小さくても、強い種を――。