DOAI VILLAGEのシンボル、ユーモラスな外観のインスタントハウス。

 下りのホームが地下深くのトンネルにあることから、“日本一のモグラ駅”として知られる群馬県利根郡みなかみ町のJR上越線「土合駅」。2020年冬、この駅にオープンしたのが無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」だ。

 駅直結の敷地内には、地元の大工が丹精込めて敷設したウッドデッキや、まるで駅舎のようなセンターハウス、そして、白いマシュマロのような外観が個性的な宿泊施設「インスタントハウス」がある。

普通のテントに比べ、頑丈で断熱性に優れている。ベッド+寝袋の部屋と敷布団+寝袋の部屋の2タイプ。

 夏は涼しく、冬は暖かい部屋の中から美しい自然を眺める時間は格別だ。

満天の星を堪能できるのも、大自然の真ん中という最高の立地ならでは。

 施設内には、宿泊者限定で使用可能な本場フィンランド式野外サウナや、かつての駅舎を改装したカフェ「駅茶 mogura」も併設。簡易キッチン、シャワールーム、リビングを備えたセンターハウスへ行けば、滞在がより快適なものになるはず。

 新しく生まれ変わり、人と人との交流の場となった魅力あふれる無人駅を、次の旅の目的にしてみては。

DOAI VILLAGE

所在地 群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽 JR上越線土合駅
電話番号 080-6781-8727
客室数 4室(定員:~2名/2室、~4名/2室)※夏季のみテントエリア有
料金(1名) 26,000円(1泊2食+ドリンク付き)
https://doaivillage.com/

 

Column

CREA'S CHOICE

新製品やイベント情報など、選りすぐりの気になるニュースをお届けします。

2021.10.01(金)
文=CREA編集部