今季注目したいのは、水分でふっくらと満たされた“健康的な素肌”を想起させるツヤ肌。

 春夏の新作アイテムを使った旬なベースメイクで、「元気にみえる肌」を作り出す2つのアプローチを、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんに伺いました。

 今回は「パウダリーファンデ」篇!

» 「クッションファンデ」篇を読む


“色”を重ねたパウダリーファンデの 新しい肌感

 カラー下地を局所塗りして透明感を仕込んだうえで、ツヤのでるパウダリーファンデの薄いヴェール越しにうっすらそれが透けてみえる、奥行き感のある肌を手に入れよう!

 朝のスキンケアで水分をたっぷり補ってから、UV乳液や下地を重ねていくのがポイントです。


① HOW TO MAKE UP

目もとはピンクベージュ、頰にはラべンダーを

 スキンケア後、顔全体に色なしのUV乳液を塗る。

 その後、くすみやすい目まわりにはピンクベージュの下地を。

 顔の中央(目の下~頰)は、ラべンダーカラーの下地で透明感を引き出す。

使用アイテム

◆さらにプラス

シミや赤みは ファンデ前にカバー

肌色に合わせて色味が調整できる、クリーミーな質感のパレットをひとつ持っておきたい。ツヤを演出するニュアンスカラーとコンシーラーの組み合わせ。

2020.03.08(日)
Text=Kyoko Murahana
Photographs=Keisuke Kitamura(model), Hirofumi Kamaya(cutout)
Styling=Reiko Ogino
Hair & make-up=Kaori Nagai
Model=Nana Shinnoo(holiday)

CREA 2020年4月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

ポジティブな自分になれるもの。

CREA 2020年4月号

美容から人生変えてみる?
ポジティブな自分になれるもの。

定価820円

なんでもないことでイライラ、頑張っているのに空回り。そんな誰にでもある心のモヤモヤを、日々の美容の積み重ねで解消できればと思い、様々な専門家に取材しています。肌と心と体は密接に繋がっているから、スキンケアのテクスチャーが前向きな気分に変えてくれたり、腸を整えることでポジティブになれたりするものです。