この記事の連載

 美しい日本を改めて感じることができる、風情ある街角に溶け込む宿を岐阜と長野から2回に渡り2軒をご紹介。

 今回は、中山道の宿場町・奈良井宿に2021年その扉を開いた分散型の宿泊施設「BYAKU Narai」。築200年超の建築に宿泊することができる客室や食事の魅力をご紹介。


200年以上の歴史ある宿場町の物語を楽しむ

◆Byaku Narai(ビャクナライ)[長野・塩尻]

 中山道の宿場町・奈良井宿に2021年その扉を開いた分散型の宿泊施設「BYAKU Narai」に、2棟4室の客室が加わった。

 築150年を超える土蔵をもつ「島茂屋 Shimamo-ya」は、代々地元の村議員を務めてきた名家。

 こちらの棟の3部屋の夕食は、本館「歳吉屋」にあるレストラン「嵓 kura」が提供する新郷土料理を部屋食にアレンジした専用メニューだ。

 木の温もりが心地よい空間でゆっくりと地元の食を堪能できる。一方の「かね上屋 Kanekami-ya」は、奈良井宿下町の伝統的建造物の特定物件に指定。

 築200年超の建築にプライベートサウナを設け、日常から逃れられる一棟貸しの宿に生まれ変わった。歴史を感じながら、極上のくつろぎも体感したい。

Byaku Narai(ビャクナライ)

所在地 長野県塩尻市奈良井551
客室数 16室
料金(1室) 80,000円~(2名利用)
アクセス JR奈良井駅より徒歩約5分
https://byaku.site/

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2023.12.04(月)
文=呉屋沙織

CREA Traveller 2023 vol.4
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

ホテル、非日常への誘い

CREA Traveller 2023 vol.4

ホテル、非日常への誘い

定価1,500円 (税込)

「CREA Traveller」2023 vol.4の特集は、「ホテル、非日常への誘い」。