「白菜」のマクロビレシピ

■材料(4人分)
・白菜:大きい葉なら4枚、小さめなら8枚
・高野豆腐:2枚
・ベジタブルスープストック:1袋
・水:300cc
・塩:小さじ1/6

・仕上げ用葛粉:小さじ1/2

・パセリ:適宜

■作り方
(1) 白菜は洗い、しんなりとさせて作業しやすいように、さっと蒸すか茹でておく。
(2) 高野豆腐はぬるま湯で1分ほど戻してから、水気を絞り、縦半分にカットした後、更に厚みを4枚にスライス(高野豆腐1枚を、8枚の短冊切りに)する。

高野豆腐に包丁を入れる時は左手でしっかりと押さえて、包丁をゆっくり動かすようにするとスライスしやすい。

(3) 白菜1/2枚(小さめなら1枚)につき、高野豆腐の短冊切りを縦に2枚並べて包み、巻き終わりを楊枝で止める。

切り口を見せて巻く場合は、白菜と高野豆腐の端を揃えるときれいに仕上がる。
左側が、大きい葉を縦半分にカットして巻いたもの。右側は、小から中くらいの葉1枚で巻いたもの。

(4) 鍋に水、塩、スープストック、(3)を並べ入れ、落し蓋をして中火にかける。ひと煮立ち後、弱火におとし15分ほど煮込む。

巻止めの楊枝は少し横に倒すと落し蓋を乗せやすい。

(5) ロール白菜を取り出し、器に盛り付ける。鍋に残った煮汁に同量の水で溶いた葛粉を入れて加熱し、とろみをつけてソースにする。
(6) 仕上げにパセリを散らしていただく。

※白菜を蒸す、または茹でる際は、加熱し過ぎてしまうと包む時に破れやすくなるので注意する。
※高野豆腐のスライスが難しい場合は棒状にカットして、白菜の中心に包むように巻き込んでも良い。
※(3)の状態で冷凍保存しておくと色々な料理に使えて便利。

<次のページ> 今回のマクロビレシピに欠かせない食材はこれ!

2015.12.30(水)
文=中村恭子
撮影=秋元良平