テレワーク続きで食事を作るのもちょっと面倒、だけどやっぱり美味しいものが食べたい! そんなときこそ頼りにしたいのが、名店の味がそのままパックされたお取り寄せの数々。

 外でゆっくりと料理を楽しむのが難しいなか、食通たちがこっそり自宅で楽しんでいるという“噂”のお取り寄せを、『東京最高のレストラン』編集長の大木淳夫さんと、「ヒトサラ」副編集長を経てフリーランスの山路美佐(やまじ・みさ)さんに伺いました。


東京の鮨店からも熱い注目を集める“うに牧場”

◆北三陸ファクトリー「洋野うに牧場の四年うに」

 天然の昆布やわかめが生い茂る漁場で丹念に育てたうにを瓶詰めに。獲れたての甘さをそのまま味わえる。

「最近、東京の鮨店でも熱い注目を浴びている岩手県洋野町のうに牧場。手間をかけたピュアな旨みは濃厚。この時期しか収穫しない夏の味覚です」(大木さん)

北三陸ファクトリー
[岩手県]

電話番号 0194-65-2408
配送方法 冷蔵
https://kitasanrikufactory.co.jp/

◆リストランテ アルポルト「アルポルト冷凍パスタセット」

 時間をかけて仕上げた6種のソースが秀逸。

「生パスタの卵感を感じるプチッとした歯切れの麺がクセに。トマトソースやボスカイオーラなどの定番ソースは、食べ飽きない美味しさ。これは在宅ワーク中心の友人にも送りたくなるほどお気に入り」(山路さん)

リストランテ アルポルト
[東京都]

配送方法 冷凍
https://www.alporto.jp/

◆日本料理 晴山「晴山 山椒カレー」

 ゴロリとした存在感のある和牛の塊肉に、ぴりりと山椒が利いた、あとをひくカレーは、ミシュラン獲得店「晴山」のイチオシの商品。

「大好きすぎて、季節ごとにずっと定期的に通っている晴山。その味を通販で買えるなんて、ポチらずにいられない」(山路さん)

日本料理 晴山
[東京都]

配送方法 冷蔵
https://store.seizan-mita.com/

2021.06.23(水)
Text=Ritsuko Oshima(giraffe)
Photographs=Yumiko Miyahama
Food coordinate & Styling=Nobuko Nakayama(peddle)
Cooperation= UTUWA

CREA 2021年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

ちょっとだけアウトドア

CREA 2021年夏号


ちょっとだけアウトドア

特別定価900円

CREA6月発売号は「アウトドア」特集。ビルの間を移り行く空に道ばたに咲く草花、ベランダで感じる風――少しだけ感覚を拡げてみると、自然は案外私たちのすぐ近くにあることに気づきます。日常に落ちている、小さな自然の気配を拾い上げられたなら、窮屈に感じる日々も、少し楽しくなるかもしれません。ベランダで過ごす一日から、身軽なキャンプまで、アウトドア気分をちょっとだけ、お届けします。