vol.35 Georg Jensen(ジョージ ジェンセン)

「シルバーのチョーカー」

チョーカー「カーヴ」(スターリングシルバー) 122,000円/ジョージ ジェンセン(ジョージ ジェンセン ジャパン)、ボディスーツ 31,845円/ナヌーシュカ(ヒラオインク)

 朝晩が冷え込み、少しずつ寒くなっていく季節。服もニットなど、柔らかくて優しい感触のものが恋しくなりますね。これからの季節、ニットの胸元におすすめしたいのが、今回ご紹介するジョージ ジェンセンのシルバーチョーカーです。

 シルバーというと、そのひんやりとした質感から、夏のジュエリーというイメージをお持ちの方が多いと思います。

 しかし今シーズンは、硬質なシルバーを、あえてふんわりとした柔らかな質感のカシミアといった秋冬の服に合わせるのが気分です。

 洋服の色も、黒などのダークカラーではなく、白やアイボリー、スモーキーパステルなど、淡いニュアンスカラーに合わせて、優しい感じに仕上げると新鮮な印象になります。

 ジュエリーのアイテムの中でもチョーカーは、ボリューム感があるので、1点でもしっかり存在感が出ます。ただし、サイズ調整ができないので、自分の首まわりに合うデザインを吟味することが大切です。

 ジョージ ジェンセンは、北欧らしいクリーンなモダンさが魅力のブランド。ボリュームがあっても、ギラッとした感じにならず、静謐な美しさが際立ちます。

 上質なニットに、量感のあるチョーカーを合わせたコーディネートは、大人ならではの余裕が漂うスタイル。この秋、是非試してほしいと思います。

今までは、ジュエリーを手元に重ねるコーディネートが流行だったけれど、今季はチョーカーや量感のあるチェーンタイプのネックレスで首元を飾るのが気分という伊藤さん。

「華奢なチェーンネックレスではなく、ちょっとボリューミーなほうがアクセントになっておすすめです」(伊藤さん)

伊藤美佐季(いとう みさき)

ジュエリーディレクター、スタイリスト。フィレンツェに遊学、帰国後スタイリストに。つける人の個性を活かしたスタイリングは、女性誌のほか多くの女優からも支持が高い。ジュエリーに関する講演などでも活躍。近著に『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』(ダイヤモンド社)。

Column

伊藤美佐季のセンス・オブ・ジュエリー

ジュエリーディレクターの伊藤美佐季さんが指南する、大人のためのジュエリーの選び方と、つけ方のエッセンスを連載でお届けします。

2020.10.27(火)
Text=Miwako Yuzawa
Styling=Misaki Ito
Photographs=Masami Naruo(SEPT)
Make-up=Nobuko Maekawa(Perle Management)
Hair=Kazuhiro Naka(KiKi inc.)

CREA 2020年11・12月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

きれいな人がしてること。

CREA 2020年11・12月合併号

揺らがない自分でいるための習慣&コスメ
きれいな人がしてること。

定価820円

様々な業界で活躍する人たちの人生を支えてきた習慣とは? 大切にしている美の価値観とは? 時に悩みながらも、美容を通して“自分らしさ”に真摯に向き合ってきた“あの人”に取材。そこから見えてきたのは、揺らがない自分でいるための美容でした。