寒さが増すと貝が気になる。最近なぜか岩手の貝が東京あたりの胃袋を狙い撃ちしてるなんて噂。ホタテにかきにムール貝。今夜こそはいざ行かん、美味に打たれて気絶しに。

» 第1回 【三軒茶屋】日本初ムール&フリット専門店「Pinze Loca」
» 第3回 【新宿三丁目】真性かきマニアが供する岩手の牡蠣「オストレア」

◆ en.terrible (アン テリブル) <東銀座>

「ホタテの貝柱は冬」
素材を熟知するシェフのおいしい使い分け

泳ぐホタテと白舞茸の鉄板焼き トリュフバター風味 2,000円。うま味たっぷりのソースはパンでぬぐって。

 素材を活かしたビストロ料理を提供するシェフ・萩原敦彦さんが各地の良質な食材を求める中で出合ったのが、岩手県釜石の「泳ぐホタテ」。鮮度のよさに由来する貝柱の食感を伝えるため、表面はバターでしっかり焼き込む泳ぐホタテと白舞茸の鉄板焼きは、香り高さも加わって、食べ始めたら止まらない。

左:馬肉や短角牛、豚肉など良質素材を使ったメニューが並ぶ。
右:高品質なホタテの2年貝を生きたまま発送する「泳ぐホタテ」。鮮度抜群な上に同年齢の他産地よりサイズも大きい。

 多忙な中にも食材の生産地を回る研究熱心な彼ならではの、とっておきのひと品だ。

en.terrible(アン テリブル)
所在地 東京都中央区銀座7-16-21 雲ビル1F
電話番号 03-3544-5205
営業時間 18:00~23:00(L.O.)
定休日 日曜・祝日
席数 28席
料金 あさの豚自家製ハムとアスパラガス 1,700円、熊本馬肉のタルタルステーキ 2,300円
※カード利用可

2015.12.29(火)
構成・文=木原美芽
撮影=原 務

CREA 2016年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

冬にしたいふだんのこと、と映画

CREA 2016年1月号


冬にしたいふだんのこと、と映画

定価780円