個性的なアクティビティで
台湾文化の奥深さを知る

 星のやグーグァンでは、温泉のほかにもさまざまな癒やされるリゾート体験を用意しています。

落ち着いた時間を過ごせるライブラリー。

 草木の緑が美しいウォーターガーデンには水路が巡らされ、清浄な湧水の涼やかな音が響きます。

 静かな森の中のアウトドアプールは、心穏やかな時を過ごせる楽園空間。プールの周囲に配された木陰のガゼボは、上質な安らぎの空気に満たされています。

プールサイドのガゼボで心地よい昼下がりを。

 アクティビティもご当地ならではのプログラムを用意。すがすがしい目覚めの朝は、澄んだ大気のなかで行われる「氣循森呼吸」をぜひ。心身をすっきりとリフレッシュさせて、気持ちよく1日をスタートできます。

ウォーターガーデンで毎朝開催される「氣循森呼吸」。

 また、星のやグーグァン独自のものとして注目なのが、谷關の地に伝わる文化に触れられるアクティビティ。

 なかでもタイヤル族に伝わる「口簧琴」は、極めて貴重な文化プログラムです。

竹を削って自分だけの口簧琴を作り、演奏法も学ぶことができます。

 かつて人々のコミュニケーションに用いられたという竹製の小さな楽器・口簧琴。日本ではアイヌ、カナダではイヌイットなど、世界各地でその文化が受け継がれ、台湾ではタイヤル族が伝統を今日まで伝えています。

口簧琴を演奏する鄭さん夫妻。
鄭さんが制作した口簧琴。

 この体験プログラムでは、谷關に住む鄭保雄さんが、その制作・演奏の技術を教えてくださいます。

 ちなみに鄭さんは、口簧琴の文化を守る人間国宝のような存在。今や消滅の危機にあるというこの奥深い伝統文化を、まさに台湾の宝である老師から直接学べる、贅沢なひとときなのです。

ディナーは、日・台が融合した、星のやグーグァンスタイルの会席料理を。左:お造りをはじめ美味をたっぷり盛り合わせた「宝楽盛り」。右:先付け「蒸し鮑 土佐酢ゼリー」。
体が内側から喜ぶ、台湾式朝食。貝柱のお粥、7種の薬味など滋味がたっぷり!

 温泉の新しい価値を発見する台湾への旅。

 日本とはひと味違うラグジュアリーを求めて、出かけてみてはいかが? なお、谷關への旅の玄関口となる台中は、アートや伝統文化など注目スポットの多い楽しい街。次のページでは、その見どころをご紹介します。

星のやグーグァン

所在地 台中市和平區博愛里東關路一段溫泉巷16號
電話番号 0570-073-066(星のや予約)
客室数 50室
宿泊料金 1室 18,000台湾ドル~
食事料金 夕食 3,800台湾ドル/朝食 1,050台湾ドル
アクセス 台北、台中市街からの送迎あり(有料)
https://hoshinoya.com/
※1台湾ドル=約3.6円(2019年12月現在)
※別途諸税・サービス料が加算されることがあります。

構成・文=矢野詔次郎
撮影=志水 隆

この記事の掲載号

東京を旅する

CREA Traveller 2020年冬号

世界中が恋する
東京を旅する

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。