冬のおすすめは
ウィークエンドブランチ

51階のメインダイニング「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」。絶景を眺める窓辺、くつろいで会話を弾ませるソファなど、多彩な席を用意します。

 アンダーズ 東京といえば、ダイニングも魅力的です。

 51階にある「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」でぜひ味わってみたいのが、濃厚な味わいに驚く「雪室熟成肉」などのスペシャリテ。

 また、ランチやディナーのほか、アフタヌーンティーなど、ゲストが思い思いにくつろげる時間を提供しています。

ディナータイムの必食は「雪室熟成肉」。
「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」の絶景を眺める窓辺。

 空が澄みわたる冬の季節のおすすめは、ウィークエンドブランチ。やわらかな光に包まれながら上質な美味をゆったりと味わうのは、まさに至福のひとときです。

ウィークエンドブランチで、優雅な時間を満喫。8種類から好きなだけ選べる前菜、スープ、こだわりのメイン、デザートブッフェと、充実したメニューも魅力的です。6,500円~。

天空のバーで発見する
新しい食の楽しみ

52階からの眺めを満喫しながら、寿司とミクソロジーカクテルが織りなす、新しい食体験を楽しんで。Photo:平松唯加子

 そして、アンダーズ 東京といえば、必ず訪れたいのが52階の「ルーフトップ バー」。

 その夜景の壮大さは、東京屈指。

 わずか8席のみの密やかな空間「the SUSHI」もかたわらにたたずんでいます。

 板前が握る寿司は旬の旨みにあふれ、ミクソロジストたちがカスタマイズするカクテルとのマリアージュには、新鮮な食の発見があります。

名店での経験も豊富な渡邊敏弘さんが握る寿司の旨みに感激する「the SUSHI」。おまかせ 12,000円~。

 お仕着せではなく、ゲストひとりひとりのライフスタイルに寄り添うホスピタリティ。

 これこそが、アンダーズ 東京が提案する新しいラグジュアリーのスタイルです。

 その真価に触れた瞬間、誰もが「アンダーズ」の虜になっていることでしょう。

アンダーズ 東京

所在地 東京都港区虎ノ門1-23-4 虎ノ門ヒルズ
電話番号 03-6830-1234
客室数 164室
料金 1室 58,000円~(1室2名利用時)
サービス料 15%
https://andaztokyo.jp/

CREA30周年特集 クレア東京

Feature

東京を旅する

文=矢野詔次郎

この記事の掲載号

東京を旅する

CREA Traveller 2020年冬号

世界中が恋する
東京を旅する

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。