一度体験すれば虜になる
アンダーズスタイルの心地よさ

●アンダーズ 東京[虎ノ門]

東京の空に溶け込むような空間を実現しているゲストルーム。

 ヒンディ語でパーソナルスタイルを意味する「アンダーズ」。

 2007年、ロンドンで最初のホテルを開業して以来、刺激的でありながらも、心地よい時間を過ごせるホテルとしてトレンドセッターたちの熱烈な支持を集め、新しいラグジュアリーの価値観を確立している、話題のホテルブランドです。

 2014年、虎ノ門ヒルズに誕生したアンダーズ 東京も、地域に密着した取り組みと、独自の美意識でゲストを魅了しています。

ひとりひとりのスタイルを尊重するのがアンダーズ流。そこで調度品はあえてカラフルかつ不揃いに。Photo:平松唯加子
左:エレベーターの扉が閉まると、そこは小さな美術館。永田哲也さんによる和紙アートを鑑賞しながらロビー階へ。
右:館内には、感性を刺激するアートが随所に。Photo:平松唯加子

 1階のエントランスからは、高速で移動する小さなミュージアムのようなエレベーターに乗って51階のロビー階へ。

 そして、そこに降り立つと、スタンディングカフェのようなスペースでアンダーズホストがゲストをお迎えしてくれます。

宿泊者が自由に利用できる「アンダーズ ラウンジ」。24時間ドリンク&スナックを無料提供しています。

 決して堅苦しくなく、それでいて上質な空間がアンダーズならではのスタイル。リラックスしながらホテルの華やぎを満喫することができて、それがなんとも居心地いいのです。

 気になる客室は、すべて47階以上に位置しています。

 大きな窓の外に広がる都心の爽快な眺めに、誰もが息を呑むことでしょう。桂離宮からインスピレーションを得たというインテリアは、シンプルかつスタイリッシュ。

 個性を醸しながらも主張しすぎない、その匙加減が絶妙です。

都心からベイエリアにかけての夜景を一望にする「ルーフトップ バー」。

文=矢野詔次郎

この記事の掲載号

東京を旅する

CREA Traveller 2020年冬号

世界中が恋する
東京を旅する

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。