アクティブに過ごした旅先での一日をクールダウンしてくれるバーでのひととき

 アペリティフ片手に夕食への期待を高めるのも食後の一杯を味わいながら余韻に浸るのも。どんな使い方も受け止めてくれるのは上質なカクテルと空間を持つ、こんなバー。


端正なカクテルと
シングルモルトに舌鼓

●Bar Mousse

 店名にその名をつけるほど、こよなく苔を愛する店主・森容子さん。

 ガラス玉や木箱、そして洗面台にまで苔をあしらった空間に目を奪われたら、次は技がきらめくカクテルに心奪われる番。

 ひと捻りしたスタンダードや、果物をふんだんに使いながらも甘すぎないフルーツカクテルはどれも、口をつけた瞬間その洗練された調和に驚かされる。

 バー一筋にキャリアを積むこと十数年を経て独立した森さんの、すっと筋が通った姿勢が映されているようだ。

 さらに、好きで集めているというシングルモルトは、ラベルもユニークで個性的なものが揃う。祇園に吹く新しい風を感じる一軒だ。

Bar Mousse
(バー ムース)

所在地 京都市東山区清本町375 花見末吉西入北側 末吉一番小路東側 2F
電話番号 非公開
営業時間 平日 19:00~27:00、土・日曜、祝日 17:00~27:00
定休日 水曜
※チャージ 1,000円
https://www.facebook.com/Bar-mousse-1385921801681226/

Feature

京都で芳醇なカクテルを

Text=Aya Honjo
Photo=Takashi Shimizu

この記事の掲載号

あらためて京都

CREA Traveller 2019年春号

今になって知る。 素敵な仕掛け
あらためて京都

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。