日本各地には、あまり知られていないけど、パスポートなしでも渡航気分を味わえるような本家公認の美術館や、その地域だからこそ生まれた珍しい美術館がたくさんある。

 特にユニークでこだわりの詰まった、七つの美術館をピックアップ。


世界に日本の写実絵画を発信する「写実の殿堂」

●ホキ美術館

 「一対一で絵画と向かい合える場所を作り、公開したい」という思いから、鑑賞に集中できるよう設計された、日本で唯一の写実絵画専門の美術館。

 実業家の保木将夫氏が収集した約480点の絵画をテーマや期間を設けて順次展示している。

 血管まで見えそうな肌や昆虫の質感など、写真と見間違えてしまうほど細部まで描きこまれた写実絵画は、極限まで精緻だ。

 昭和の森に隣接し、その自然光を取り入れた展示空間で、森の中を散策しながら絵画を鑑賞しているような癒やしのひとときを。

ホキ美術館

所在地 千葉市緑区あすみが丘3-15
電話番号 043-205-1500
開館時間 10:00~17:30(入館は17時まで)
料金 1,800円
休館日 火曜(祝日の場合は翌日)、5月と11月中旬の展示替え時期、年末年始
https://www.hoki-museum.jp/

Feature

色彩豊かな
日本の個性派美術館へ

Text=Ritsuko Oshima(Giraffe)

この記事の掲載号

物語のある美術館

CREA Traveller 2020年夏号

あなたを待つ場所がある──
物語のある美術館

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。