日本各地には、あまり知られていないけど、パスポートなしでも渡航気分を味わえるような本家公認の美術館や、その地域だからこそ生まれた珍しい美術館がたくさんある。

 特にユニークでこだわりの詰まった、七つの美術館をピックアップ。


門外不出のルーブルの至宝が、三重県津市に集結!?

●ルーブル彫刻美術館

 ここはパリではない。三重県にあるルーブル美術館の公式姉妹美術館だ。

 すべては創立者であり初代館長の竹川勇次郎氏がフランスで観たミロのヴィーナスに感動し、日本でも展示したいという志から始まった。

 大理石からの複製は無理だと断られ続け、17回目の訪仏で熱意が通じ許可が得られたという。

 展示品約3,500点はすべてレプリカだが、ルーブル史上初めて門外不出の彫刻品の実物より直接型取りした精巧なもの。

 本物と寸分違わない大きさで傷一つに至るまで、ルーブルの技術陣がその総力を結集して完全複製している。

ルーブル彫刻美術館

所在地 三重県津市白山町佐田東谷1957
電話番号 059-262-1111
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
料金 1,500円
休館日 無休
https://www.louvre-m.com/

Feature

色彩豊かな
日本の個性派美術館へ

Text=Ritsuko Oshima(Giraffe)

この記事の掲載号

物語のある美術館

CREA Traveller 2020年夏号

あなたを待つ場所がある──
物語のある美術館

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。