悠久の時が刻まれた地が 思索を誘う

 東山キューブのこけら落とし展示は杉本博司が担った。

 平安時代から寺院が建ち並んでいたという岡崎の地に惹かれた杉本は、展示空間に仮想の寺院を建立し、「荘厳」の世界を現出させようと目論んだ。

 試みは見事に成就したと言っていい。

 ガラスでできた祈りの塔をずらり並べる「光学硝子五輪塔」に始まり、蓮華王院本堂・通称三十三間堂の千体仏の姿を精緻に写し取った「仏の海」、ニュートンに倣いプリズムを通した鮮やかな色の数々を撮影した「OPTICKS」……。

 歩を進め、次々と現れる作品と対峙するたび、心が澄み渡る。

 アートは目に愉しいに留まらず、人の精神の深いところに作用するものと改めて知る。

「杉本博司 瑠璃の浄土」

会期 開催中~2020年10月4日(日)
会場 新館 東山キューブ 
料金 1,500円

文=山内宏泰
撮影=橋本 篤

この記事の掲載号

物語のある美術館

CREA Traveller 2020年夏号

あなたを待つ場所がある──
物語のある美術館

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。