江戸から令和に至るまで、日々移ろいゆく東京の風景は、日により時間により様々な顔を見せてくれる。

 予約不可の秘密の小部屋から、天気によってがらりと変わる風景まで、この街を愛しく感じるひと席をご紹介。


壮麗な宮殿の前庭で
アフタヌーンティーを

●迎賓館赤坂離宮

本来は控えの間として使われる「彩鸞の間」。アンピール様式の装飾が見事。

 1909年に東宮御所として建設された後、国の迎賓施設となった迎賓館赤坂離宮。

 片山東熊が総指揮を執ったネオ・バロック様式の建物は2009年に国宝に指定され、2016年から通年一般公開されている。

「花鳥の間」はアンリ2世様式。
「彩鸞の間」の暖炉の衝立の絵は、酒井抱一の《三月 桜に雉図》の模写。
「花鳥の間」の板壁を飾る額は渡辺省亭が下絵を描き、濤川惣助が焼いた七宝焼の最高傑作。

 コリント式円柱が並ぶ「大ホール」や「朝日の間」「花鳥の間」「彩鸞の間」などを巡り、壮麗な美しさを愛でた後に訪れたいのは、前庭のカフェスペース。

 パラソルの下でスウィーツやサンドイッチと紅茶を楽しめるテーブルは、知る人ぞ知る特等席だ。

季節の花に彩られた主庭。

 アフタヌーンティーセットは1日20食限定。

 お昼ごろに売り切れてしまう日もあるため、なるべく午前中に出かけたい。

アフタヌーンティーは、宮殿前庭のキッチンカーで注文を。予約不可。

迎賓館赤坂離宮
(げいひんかん あかさかりきゅう)

所在地 東京都港区元赤坂2-1-1
電話番号 03-5728-7788 (テレフォンサービス)
公開時間 10:00~17:00 (16:00 最終受付)
休館日 水曜、その他不定休あり
料金 アフタヌーンティー (2名分) 4,800円
※迎賓館赤坂離宮の参観は予約不要
https://www.geihinkan.go.jp/akasaka/

CREA30周年特集 クレア東京

Feature

東京を旅する

Text=Megumi Komatsu
Photo=Asami Enomoto

この記事の掲載号

東京を旅する

CREA Traveller 2020年冬号

世界中が恋する
東京を旅する

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。