香港の飲茶は、古き良き大衆店、格式高い老舗、そしてクリエーティブな創作点心の3つに分けられる。

 味も見た目も素敵な大人向け4店を厳選してご紹介。


Old Bailey
(オールド・ベイリー)

イベリコ豚のワンタン、上海風(上海も江南地方に含まれる)のチリソース 88香港ドル。

 今、最も話題のスポットである大館にはいくつものレストランが入っているが、なかでも本格的な江南料理で香港のフーディーズから注目されているのがこちら。

 江南料理とは長江の南側エリアを中心とした地方の料理で、野菜をふんだんに使い、黒酢であっさりと味付けするなどヘルシーなのが特徴だ。

 肉や魚を使わない素食文化が発展した土地でもあり、この店ではメニューの約8割がベジメニューになっている。

スパイシーに仕上げたイベリコ豚の餡を包んだ麻辣小籠包は、シェフのシグネチャーディッシュ。4個108香港ドル。

 店内はラウンジ、レストラン、アウトドアテラスに分かれ、ラウンジはケーキが人気のカフェ、Teakhaとコラボレート。

 散策の途中に立ち寄り、ティータイムするのもおすすめ。

明朝時代の邸宅がモチーフ。

Old Bailey(オールド・ベイリー)

所在地 2F, JC Contemporary, Tai Kwun, Old Bailey Street, Central, Hong Kong
電話番号 2877-8711 
営業時間
<レストラン>12:00~14:30 (L.O.)、18:00~22:30 (L.O.)
<ラウンジ>12:00~22:30 (L.O.)
定休日 無休
https://www.oldbailey.hk/

※1香港ドル≒13.67円(2019年8月現在)

Feature

香港に来たら絶対はずせない
飲茶もモダンに進化中

Text=Shifumi Eto
Photo=Takashi Shimizu
Cooperation=Hong Kong Tourism Board

この記事の掲載号

香港・マカオ

CREA Traveller 2019年秋号

新しさと懐かしさと
香港・マカオ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。