マルチカルチャーな街、香港では、多国籍な料理人が知識や文化を交換し、そこからインスピレーションを得た新しい料理が毎日のように生まれている。

 香港らしさが凝縮したファインダイニングから、もう目が離せない。


◆VEA Restaurant & Lounge
(ヴイ・イー・エー・レストラン&ラウンジ)

海産乾物の扱いに長けたヴィッキーさんのシグネチャーディッシュのひとつ。キャビアとペルー産キヌアのクリーミーなソースを合わせた魚の浮き袋。

 若いシェフの台頭が著しい香港のダイニングシーンで今、最も勢いがあるのがこちら。

左:4段重ねの重箱スタイルで登場した“トマトの昆布締め ロンガンとナスタチウムのソース”。右:店内の様子。

 「フレンチを学んだことで広東料理の可能性を再認識した」というオーナーシェフのヴィッキー・チェンさんが創り出すのは、広東料理の伝統を忠実に守りつつ、中国各地方の料理や失われかけている家庭料理を取り入れ、それをフレンチの技法でモダンに洗練させた美しい世界。

こちらもシグネチャーのローストしたナマコ。外側はカリッと、内側はむっちりとしたナマコに蟹肉が詰めてある。仕上げに22年熟成した花彫酒の香りをまとわせる。

 特に、広東料理の花形であるナマコやアワビ、魚の浮き袋といった乾物をフレンチに昇華させた一皿は、言葉を失うほど完成度が高い。

牛肉のチャーシュー仕立てとダイコンのブレゼ、エディブルフラワーを添えて。

 ちなみに店名の「VEA」は、ヴィッキーさんと、共同オーナーで香港のバー文化をリードする超有名バーテンダー、アントニオ・レイさんの名前の頭文字をフランス語でアンドを意味する“et”でつないだ造語。

濃厚なクリームと海塩のアイスクリーム、北海道産ミルクのチュイールとキャラメルソース。

 アントニオさんによる料理に寄り添う創作カクテルがまた素晴らしいので、お酒を飲める人はぜひカクテルペアリングをどうぞ。

ヴィッキー・チェンさん。カナダやアメリカでフレンチを習得。日本にも頻繁に訪れてイベントを開催するなど、積極的に国際交流に取り組んでいる。

VEA Restaurant & Lounge
(ヴイ・イー・エー・レストラン & ラウンジ)

所在地 29F/30F, The Wellington, 198 Wellington Street, Central, Hong Kong
電話番号 852-2711-8639(14:00~) 
営業時間 18:45~深夜
定休日 日曜 ※コース 1,680香港ドルのみ。
カクテルペアリング 680香港ドル、ワインペアリング 780香港ドル
http://www.vea.hk

※1香港ドル≒13.67円(2019年8月現在)

Feature

多彩に華麗に進化中
最旬ファインダイニング

Text=Shifumi Eto
Photo=Atsushi Hashimoto
Cooperation=Hong Kong Tourism Board

この記事の掲載号

香港・マカオ

CREA Traveller 2019年秋号

新しさと懐かしさと
香港・マカオ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。