アジア進出の拠点として、世界中のスターシェフが東京や香港と並べて注目するマカオ。

 今やゴージャスなダイニング体験が、マカオを旅する理由のひとつになっている。おすすめのレストランをご紹介する。


経験豊かなシェフが贈る
本場フランスの現代の風

シチリア産ガンベローニ(エビ)の前菜、アボカドとレモンのクリームとハーブを添え、ガスパチョのソースとともに。

 フランス人シェフのファブリス・ヴュランさんは、フランスとアジアの架け橋になりたいと、直輸入した旬の食材を用いた料理で、フランスの食文化を表現。現地と時差のない美しい料理を提供する。

食用ザリガニとパスタ、黒トリュフ。

 例えばフランスの初夏の味覚ザリガニ。本場のザリガニの鮮度を保つため、キッチンには専用の水槽まである。

ウイスキーの風味を利かせたビーフのタルタル。

 料理を盛り付けるのは、蝶が舞う特注のプレート。これもフランスらしさを表現するために、ファブリスさん自らがデザインした。

6種類のトマトとバジルのソルベ、ブッラータチーズ。デザートのようなサラダ。
名物のシャンパンワゴンには、ハウスラベルのマグナムボトルも。

 エントランスには、個人的にコレクションしている創刊から最新版までのフランスのミシュランガイドが飾られ、壮大なワインセラーには、フランス産を中心に高級ワインが揃う。

ドイツ菓子の黒い森のケーキを、キルシュを生かしつつフレンチ風に洗練させたデザート。

 フレンチの主役のひとつとしてデザートにも注力。

 フランス人パティシエのジュリアンさんが作る繊細でアーティスティックなデザートも見逃せない。

ドラマティックなメインダインにング。カップル向けのロマンティックなソファー&テーブルの席も。

The Tasting Room(ザ・テイスティング・ルーム)

所在地 3F, Nüwa at City of Dreams, Estrada do Istmo, Cotai, Macau
電話番号 8868 6681
営業時間 12:00~14:30 L.O.、18:00~22:30 L.O.
定休日 水曜
https://www.cityofdreamsmacau.com/the-tasting-room/
※テイスティング・コースは6品 1,688パタカ~。ドレスコードはスマートカジュアル。

※1パタカ≒13.1円(2019年8月現在)

Feature

世界中の美味の饗宴・マカオ!
ミシュランレストランを制覇せよ

Photo=Takashi Shimizu
Text=Shifumi Kudo
Special thanks=Macao Government Tourism Office

この記事の掲載号

香港・マカオ

CREA Traveller 2019年秋号

新しさと懐かしさと
香港・マカオ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。