アジア進出の拠点として、世界中のスターシェフが東京や香港と並べて注目するマカオ。

 今やゴージャスなダイニング体験が、マカオを旅する理由のひとつになっている。おすすめのレストランをご紹介する。


日本とペルーが融合した
新感覚のニッケイ料理

ヒラメのエンガワのグリル。スダードというペルーの黄色い唐辛子を使った煮魚料理のダシをイメージしたソース。

 今、世界が注目する美食大国ペルーで生まれた料理ジャンルのひとつにニッケイ料理がある。

ウニとキャビアをのせた和牛のタルタル。アンデス地方で朝食に食べているパンとともに味わう。

 日系移民が持ち込んだ和食の調理法がペルーの食材と出合い、ひとつの食文化として確立されたものだ。

ピスコなどペルーのお酒を飲めるバーと寿司カウンターもある。

 そんなニッケイ料理がアジアに初進出。プロデュースする日系人シェフ、ミツハル・ミッチャ・ツムラさんは、ニッケイ料理の第一人者で、ペルーの首都リマで営むレストラン「まいど」は、世界的に評価が高い。

 その2号店となれば自ずと期待も高まるというもの。

魚介のセビーチェ。

 今年はペルーから輸入できる食材が増え、ますます本場の味に近づいた。

 世界が驚いた新しい味わいを体験してみては。

雅吉(アヒ)

所在地 2F, MGM COTAI , Avenida da Nave Desportiva, Cotai, Macau
電話番号 8806 2308
営業時間 12:00~15:00、18:00~23:00
定休日 無休
https://www.mgm.mo/aji/
※ドレスコードはスマートカジュアル。

※1パタカ≒13.1円(2019年8月現在)

Feature

世界中の美味の饗宴・マカオ!
ミシュランレストランを制覇せよ

Text=Shifumi Eto
Photo=Takashi Shimizu
Special thanks=Macao Government Tourism Office

この記事の掲載号

香港・マカオ

CREA Traveller 2019年秋号

新しさと懐かしさと
香港・マカオ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。