イノベーションを続ける東京の水辺。そこには、忙しない大都会の風景とは違う景色が広がる。

 水の音に耳をすませ、頭上に広がる空に心を解き放つひとときを。おすすめの4店をご紹介。


柳橋の趣のある日本家屋で
ゆっくりとくつろぐ、穏やかな時間

●lucite gallery
(ルーサイトギャラリー)

 江戸中期のころから花街として知られる柳橋は、川のほとりには船宿や料亭が数多く並び賑わったエリア。

隅田川に臨む「lucite gallery」。2階にはテラス席も。

 隅田川沿いにひっそりと佇む「lucite gallery」は、江戸小唄の市丸の邸宅を改装したギャラリー&カフェ。

富田啓之さんなどの茶碗で一服できる「お抹茶セット(梅花亭の子福餅付き)」800円(税込)。

 「市丸姐さんは料亭を営んでいた祖母の友人。資料館としてではなく、笑い声を柳橋に取り戻し、ここから何かを発信していきたい」と店主の米山明子さん。

 米山さんのコレクションである骨董品をベースに、陶芸などの作家ものを多数扱う。

左:1階展示室。右:土壁が囲う日本家屋。

 また、北欧ビンテージの小壺に牙蓋をつくって茶入に見立てるなど、固定の価値観にとらわれず、自身の目で良いと感じたものも提案。

北欧ビンテージのニールス・トーセンやSAXBO窯の花器はギャラリーのコレクション。毎年1月には北欧陶磁展を開催。

lucite gallery
(ルーサイトギャラリー)

所在地 東京都台東区柳橋1-28-8
電話番号 03-5833-0936
営業時間 18:00~24:00(カフェ&バー)
定休日 不定休
http://lucite-gallery.com/
※昼の営業はギャラリーの開催期に準じる。また展示は企画により異なる。

CREA30周年特集 クレア東京

Feature

東京を旅する

Text=Ritsuko Oshima(Giraffe)
Photo=Atsushi Hashimoto

この記事の掲載号

東京を旅する

CREA Traveller 2020年冬号

世界中が恋する
東京を旅する

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。