大航海時代にポルトガルからマカオへ至る各地の食材、スパイス、調理法を見事に融合させて誕生したのがマカオ料理だ。極東の地で育まれた独特の食文化を味わいたい!


現地在住ポルトガル人の 
憩いの場として愛される

ポルトガル人客で賑わう。

 マカオ半島中心部のビジネス街。路地裏の一角に、ポルトガル語が飛び交う空間が存在する。朝8時の開店直後に出かけてみると、出勤前に朝食をとる現地在住のポルトガル人で賑わっていた。

 店頭のガラスケースには、ポルトガル風の菓子パンがずらりと並ぶ。

 いずれも自家製で、これを目当てに訪れる常連客も多い。

手前がレーズン入りデニッシュ、奥がカスタードクリームをスポンジ生地で挟んだもの。菓子パン 各15パタカ、甘さ控えめのエッグタルト 10パタカ、エスプレッソコーヒー 20パタカ。

 食事はローカライズせず、ポルトガル人好みのテイストとなっており、菓子パン類は日本人にはやや甘すぎるように感じるが、エスプレッソコーヒーとの相性は抜群だ。

 近くにはセナド広場やカテドラルといった見どころもあり、散策途中に立ち寄るにも便利なロケーション。

 店名は、ポルトガル語で「帆船」の意味。いかにもマカオらしさを感じるネーミングだ。

Caravela(カラヴェラ)

所在地 G/F, Kam Loi Building, 7H, Patio do Comandante Mata e Oliveira, Macau
電話番号 853-2871-2080
営業時間 日~木曜 8:00~20:00、金・土曜 8:00~22:30
定休日 日曜

※1パタカ≒13.1円(2019年8月現在)

Feature

大航海時代のポルトガル風味!
マカオで完成された料理&スイーツ

Text=Yujin Katsube
Photo=Takashi Shimizu
Cooperation=Macao Government Tourism Office

この記事の掲載号

香港・マカオ

CREA Traveller 2019年秋号

新しさと懐かしさと
香港・マカオ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。