大航海時代にポルトガルからマカオへ至る各地の食材、スパイス、調理法を見事に融合させて誕生したのがマカオ料理だ。極東の地で育まれた独特の食文化を味わいたい!


マカオスウィーツ界の新星 
セラデューラを送り出す

カルサーダスが敷かれたエントランス。

 南灣湖を見下ろす丘の中腹に立ち、現在はポルトガル領事公邸となっている宮殿風の建物にあったホテル・ベラ・ヴィスタを受け継ぐカフェ。

 マカオの主要な海の玄関口、外港フェリーターミナル近くのグランド・ラパ・マカオの2階にある。

 南欧風のモザイク柄のタイルと格子窓がコロニアルな雰囲気を醸し出すバルコニー席に往時の面影を残す。

温かみを感じる店内のインテリア。

 ポルトガル料理を中心としたインターナショナル料理のオールデイダイニングというスタイルで、マカオスウィーツとして人気急上昇中のセラデューラブームのきっかけを作った存在として知られる。

奥がブランデーで焼くポルトガル風ソーセージ 168パタカ、手前は香草の効いたタコのサラダ 98パタカ。

 セラデューラは、もともとポルトガルが発祥で、生クリームと砕いたビスケットを層のように重ねたもの。

 独特の舌触りに新しさを感じる。

ソフトでほんのり甘い、洗練されたセラデューラは横から見ると層になっている感じがよく分かる。48パタカ。

Café Bela Vista(カフェ・ベラ・ヴィスタ)

所在地 2/F, Grand Lapa Macau, No. 956-1110, Avenida da Amizade, Macau
電話番号 853-8793-3871
営業時間 6:30~22:00
定休日 無休
https://www.grandlapa.com/ja-jp/cafe-bela-vista

※1パタカ≒13.1円(2019年8月現在)

Feature

大航海時代のポルトガル風味!
マカオで完成された料理&スイーツ

Text=Yujin Katsube
Photo=Takashi Shimizu
Cooperation=Macao Government Tourism Office

この記事の掲載号

香港・マカオ

CREA Traveller 2019年秋号

新しさと懐かしさと
香港・マカオ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。