王家の権勢を語る豪奢を極めた宮殿

王宮

大広間の壁面を飾る王立ゴブラン製作所のタピスリー

 バラ色の外壁をもつこの王宮は、ローマで活躍した建築家ドメニコ・フォンターナによって1600~02年に建造された。その後も増改築が行われ、1837年の火災ののちには、ガエターノ・ジェノヴェーゼによって新古典主義様式の宮殿に改装された。プレビシート広場に面した王宮の正面は17世紀当時の様子をとどめているが、正面の壁龕(へきがん)に配された8人のナポリ王の彫像は、19世紀末に設置されたものである。

ピッキアッティが設計した17世紀バロック様式の大階段。19世紀に新古典主義の建築家ジェノヴェーゼによって改装された
ナポリ王の玉座を飾る、獅子をかたどった黄金色の肘掛け

 王宮は18世紀以降ナポリを支配したブルボン家の王たちの居城として使われた。宮殿内部には18~19世紀の王家の絵画コレクションやフランス・ブルボン家の王立ゴブラン製作所のタピスリーをはじめとする装飾工芸品が豪華に飾られ、ナポリを支配したブルボン王朝の栄華の歴史を物語っている。

 王宮の一角には1700年代の優雅な装飾がほどこされた「宮廷小劇場」があり、王侯貴族の贅沢な娯楽をしのばせる。

王宮
Palazzo Reale

住所 Piazza del Plebiscito 1, Napoli
電話番号 +39-081-580-8111
URL www.palazzorealenapoli.it
開館時間 9:00~19:00
定休日 水曜 
入場料 4ユーロ

photo:Kinta Kimura
supervision:Michiaki Koshikawa
text:Akiko Kobayashi / Makiko Kawai

この記事の掲載号

最も美しいイタリアへ。

CREA Traveller 2012年秋号

アマルフィ、ポジターノ、ソレント、カプリ、ナポリ
最も美しいイタリアへ。

定価 980円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2012年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。